リサーチ

新しいプロジェクト、イベント、市場分析など、暗号通貨コミュニティとエコシステムに関する業界最高クラスの証拠に基づいたレポートにより、誇大な宣伝による情報を排除しています。

最近公開された記事

中央銀行デジタル通貨

原文:Central Bank Digital Currency 要旨: 中央銀行デジタル通貨(CBDC)構想について分析します。私たちは、この概念を2つの考え方に分けて分析します。i) 物理的な現金を禁止することと、ii) リテール顧客が中央銀行に直接預金できるようにすることです。この2つの政策は、いくつかの点で互いに補完し合うものですが、両者の経済的帰結は大きく異なります。前者は信用拡大の増大をもたらし、後者は信用収縮をもたらすでしょう。一般人が中央銀行に電子預金を保有することを可能にするスキームには、デフレ的要素があるため、金融規制当局が、これらのCBDCスキームを何らかの有意義なかたちで実現する可能性は低いと考えられます。 概観 ここ1年ほどの間、中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関する話題はかなり注目を集めています。CBDCに対する解釈の一つ目は、単に物理的な現金を禁止し、それによってすべてのお金を電子化するというものです。物理的な現金はすでに非常に希少な存在となっているため、少なくとも一定の法域では、既存の電子マネーインフラストラクチャに大きな変更を加えることなく、これを達成することができるでしょう。CBDCに対するより一般的なもう一つの解釈は、一般人が中央銀行に直接電子預金を保有できるようにするというものです。これは、現金を禁止するという前者の政策を補完するものになるか、現金は引き続き存在するなかで、独立した代替手段として機能する可能性があります。 まず、CBDCの経済的解釈を検討した上で、次に、技術的解釈について検討します。これは、「ブロックチェーン技術」または「分散型台帳技術」(DLT)の側面を用いた金融機関構想にしばしば関係するものです。経済的な解釈と技術的な解釈は、しばしば誤って混同して論じられますが、私たちの見解では、これらは完全に別々に論じられるべきものです。CBDCは、ブロックチェーン技術がなくても、ほぼ完全に達成することが可能ですし、ブロックチェーン技術のメリットは、CBDCとは独立して実現することができます。 経済的側面 この提案の有効性を評価する前に、グローバル金融システムの仕組みを理解することが重要です。この話題については、2017年10月に触れました。現代経済の主な原動力は、信用サイクルであり、すなわち、商業銀行がバランスシートを拡大するのか、縮小するのかということになります。銀行は、新たな融資を行うことで貸借対照表を拡大します。つまり、銀行にとっての新たな資産(ローン)と新たな負債(対応する預金)を生み出すのです。流動性の観点からすると、ある経済圏における大手預金銀行では、貸し出した資金が、預金として自動的に自らの銀行に戻ってくるため、ほとんど何の制約もなく新たなローンを生み出す能力があるということになります。 現在、上記の例外が1つあります。それは、預金者は、物理的な現金のかたちで銀行から預金を引き出すことができるというものです。この場合、銀行は、準備金から資金を調達する必要があります。したがって、一般人が、銀行システムから物理的な現金のかたちで資金を引き出してしまえば、銀行の新たな融資を行う能力は制約されることになります。もちろん、信用拡大に対しては、資本比率規制など、ほかにも非流動性ベースの制約はあります。 ただし、国際電信送金による銀行からの資金の引き出しは、大銀行の融資能力を制約するものではないという点に留意する必要があります。外貨の購入は双方向取引であり、一方の当事者が現地通貨を販売するとき、もう一方の当事者は買い手となります。この買い手は、同じ大銀行に、その資金を預金として(おそらく間接的に)保持します。このため、物理的な現金は、ややユニークな立場にあり、システム全体の観点からすると、ある経済圏における大手銀行の流動性ニーズをテストできる唯一の方法だと言えます。もちろん、これはかなり弱いテストです。 様々な理由(例えば、セキュリティ)から、誰も物理的な現金のかたちで数百万ドルを引き出したいとは思わないでしょうから、大手銀行は非常に強力な立場にあり、ローンを行う彼らの決定が、現代の経済サイクルの主な原動力となっているのです。 こうした枠組みにおいて、CBDCの2つのカテゴリ、すなわち、現金を禁止することと、リテール顧客が中央銀行に直接預金をできるようにする、という2点について分析する必要があります。現金を禁止すれば、銀行に残された唯一の流動性制約がなくなるため、銀行は、ほぼ思いのまま信用を拡大し、新たなお金を生み出せるようになります。一方、一般人が中央銀行に電子預金を行えるようになれば、人々に、商業銀行システムから脱退するための非常に強力な方法を提供することになり、銀行の信用創造能力は大きく制約される可能性があります。 可能性として考えられるCBDCの経済的解釈

インフレがやって来る

原文:Inflation Is Coming 要旨: コロナウイルスが、経済および金融市場に及ぼす影響について評価します。このウイルスへの対応は、金融政策から、中央銀行の資金提供による財政拡大に至るまで、経済体制に大きな変化をもたらすでしょう。この新体制の下で、1つ間違いなく生じるものがあるとすれば、それはインフレです。経済情勢は1970年代とよく似ていて、インフレ率は激しく変動すると予想されています。この経済体制の変化とインフレは、金融市場にとって耐えがたいものになるでしょう。そうした環境下において、ビットコインは、その短い生涯で最大のチャンスを得られるでしょう。 (HBOのGame of Throne:「冬が来る」を修正した画像 - House Stark) コロナウイルスによる金融市場の大暴落 2020年のコロナウイルスによる株式市場の大暴落は、現在、下記の株式市場大暴落に匹敵するものになろうとしています。

最も人気のある記事

A collection of the most popular articles on Research.

The Complete Works

ArticleDate

中央銀行デジタル通貨

インフレがやって来る

暗号通貨取引所業界に関する2020年1月報告書(CryptoCompare(『暗号通貨比較』)より)

ライトニング・ネットワーク(パート7) – パブリックチャネルとプライベートチャネルの比率

ビットコイン送金単位の精度レベル向上

イニシャル・エクスチェンジ・オファリング(パート2) – 最新の投資実績

ベンフォードの法則と仮想通貨の取引データ

2019年10月のビットコインキャッシュのハッシュレートのボラティリティが拡大

ライトニング・ネットワーク(パート 4) – すべてがものみの塔(監視機能)を採用

ライトニング・ネットワーク – 正義はどこにあるか

Facebook が「Libra」と呼ばれる固定収益 ETF で、ETFの巨匠 Blackrock に挑む

ビットコインの一般への普及は、既存の金融システムを根本から変革するか?

ビットコイン経済学 – 負債デフレによるスパイラル(パート3)

ビットコインの価格相関性:S&P 500 に対し過去最高レベルに

ビットコインブロックの略図:非公開型対公開型 AsicBoost

Tether

採掘インセンティブ – パート 3 – 短期対長期

ライトニングネットワーク

暗号通貨事業に進出する上場企業

リップル・ストーリー

Other Material

TitleDescription/Link
Lightning NodePublic Key:
0395033b252c6f40e3756984162d68174e2bd8060a129c0d3462a9370471c6d28f
Fork Monitor Website
TX Statstxstats.com