WebSocket APIフィードの中断(2019年7月24日)

原文:WebSocket API Feed Interruption, 24 July 2019

2019年7月24日の19:44:13から19:52:29JSTの間に、次のWebsocket APIフィードのリアルタイムデータが中断されました。

  • account, affiliate, execution, funds, instrument, margin, order, position, trade, transact, wallet

この期間中に最新トレードパネル、オープンオーダーパネル、約定パネル、ポジションパネル等の箇所において、一部のデータが更新されないことにお気づきになられた利用者もおられたかと思います。

この期間に影響を受けなかったパブリックフィードは、次のとおりです。

  • funding, insurance, liquidation, settlement, impactQuote, impactQuoteBin1m, quote, quoteBin1m, quoteBin5m, quoteBin1h, quoteBin1d, tradeBin1m, tradeBin5m, tradeBin1h, tradeBin1d, orderBookL2_25, orderBook10, orderBookL2

REST APIも影響を受けておらず、この間のフィード更新の失敗によるクライアント側のデータ損失はREST APIを使って解決できます。

この期間中、すべての注文指示は処理され続け、取引エンジンは影響を受けませんでした。この中断は、性能低下により内部市場データサービス処理に時間がかかり、市場データインフラストラクチャに負担がかかったためです。この内部市場データサービスは、根本的な原因を調査する過程で一時的にストップされました。さらに、現在はいくつかの安全な手法がデプロイされており、利用者が利用するフィードに再度影響を与えることがないような対処がなされています。

ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

さらにご質問がある場合は、弊社のお問い合わせフォームからサポートまでお問い合わせください。

BitMEXインデックスの更新(2019年7月15日)

2019年7月15日14:00UTC(日本時間 同日23:00)、Krakenの取引が再開された後、BitMEXプラットフォームにおいてKrakenをインデックスに再導入いたします。更新されたインデックスの詳細は以下の表をご参照ください。

トレーダーの皆様は、これらのインデックスが大幅に変動する可能性があることを認識し、またこれらのインデックスを参照する取引の際にはご注意いただきますようお願いいたします。

さらにご不明な点がある場合は、次の当社のリンクよりサポートにお問い合わせください:https://www.bitmex.com/app/support/contact

影響するインデックス

インデックス構成

.BXBT

Bitstamp, Coinbase Pro, Kraken

.BETH

Bitstamp, Coinbase Pro, Kraken

.BETHXBT

Binance, Poloniex, Kraken

.BBCHXBT

Binance, Poloniex, Kraken

.BXRPXBT

Binance, Poloniex, Kraken

.BLTCXBT

Binance, Poloniex, Kraken

.BEOSXBT

Binance, Poloniex, Kraken

BitMEXインデックスの一時的な変更(2019年7月14日)

原文: Temporary Change to BitMEX Indices, 14 July 2019

2019年7月14日 21:00 UTC(日本時間 翌日06:00)に、BitMEXはKrakenの計画的なダウンタイムに対応するため、Krakenをインデックスから一時的に除外します。この計画的なダウンタイムは3〜8時間続くと予想され、以下の表に示すように7つのBitMEXインデックスに影響を与えます。Krakenの取引が再開されると、KrakenはBitMEXインデックスに再導入されます。再導入の12時間前にはアナウンスを致します。

すべてのトレーダーは、これらのインデックスの価格が大幅に変動する可能性があることを認識し、お取引する際には注意が必要になります。

さらにご質問がある場合は、当社のお問い合わせフォームからサポートにお問い合わせください:https://www.bitmex.com/app/support/contact

 

影響のあるインデックス

現在の構成

変更後の一時的な構成

.BXBT

Bitstamp, Coinbase Pro, Kraken

Bitstamp, Coinbase Pro

.BETH

Bitstamp, Coinbase Pro, Kraken

Bitstamp, Coinbase Pro

.BETHXBT

Binance, Poloniex, Kraken

Binance, Poloniex

.BBCHXBT

Binance, Poloniex, Kraken

Binance, Poloniex

.BXRPXBT

Binance, Poloniex, Kraken

Binance, Poloniex

.BLTCXBT

Binance, Poloniex, Kraken

Binance, Poloniex

.BEOSXBT

Binance, Poloniex, Kraken

Binance, Poloniex

WebSocket APIフィードの中断(2019年6月27日)

原文:WebSocket API Feed Interruption, 27 June 2019

2019年6月27日07:50から07:58UTC(日本時間 同日16:50から16:58)の間、予定されていたマーケットデータ配信サービスのアップグレード中に以下のWebSocket APIフィードが中断されました。

  • Account, affiliate, execution, funds, instrument, margin, order, position, trade, transact, wallet


BitMEXのウェブサイトの利用者の中には、この期間中に一部のデータが更新されないことにお気づきの方もおられたように、最新トレードパネル、オープンオーダーパネル、約定パネル、ポジションパネルなどです。

この期間に影響を受けなかったパブリックフィードは、次のとおりです。

  • Funding, insurance, liquidation, settlement, impactQuote, impactQuoteBin1m, quote, quoteBin1m, quoteBin5m, quoteBin1h, quoteBin1d, tradeBin1m, tradeBin5m, tradeBin1h, tradeBin1d, orderBookL2_25, orderBook10, orderBookL2


この期間中も注文の指示は処理され続け、取引エンジンへの影響はありませんでした。

この問題により、ユーザーREST APIリクエストにサービスを提供するミラーのサブセット内のデータが不完全な状態のままになっておりました。この副作用として、BitMEXのウェブサイトでは、データが復旧している間の90分間に、既にキャンセルされた注文が、オープンオーダーとして観察されるケースがございました。この期間中の更新を行っていない可能性のあるAPIユーザは、REST APIを使ってデータを埋めあわせることが可能です。


Webサイトで注文キャンセルの問題が発生した場合は、Webブラウザを更新してください。ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

詳細については、サポートまでお問い合わせください。

WebSocketのレート・リミットの問題につきまして(2019年6月25日)

原文: WebSocket Rate Limiting Issue, 25 June 2019

6月25日 21:09:00UTC(日本時間 26日06:09:00)、当社はAPIレイヤーのアップデートをリリースしましたが、本来ならば免除されるはずの特定のテーブルに対するレート・リミットのWebsocketサブスクリプションが誤ってカウントされ始めました。このアップデートは、WebSocket APIを頻繁に利用するお客様に影響を与えた可能性があります。6月26日00:19UTC (日本時間 同日09:19)に問題が特定された時点で、すぐにアップデートをロールバックしてシステムは正常に戻されました。

ご不便をおかけして申し訳ありません。どのサブスクリプションがリクエスト・レート・リミッターから免除されるかについての詳細は、以前のブログ記事ご参照ください。

ETHUSD オーダーブックフィードでの問題につきまして(2019年6月24日)

原文: ETHUSD Orderbook Feed Issues, 24 June 2019

201962409:25:54 UTCから09:44:30 UTCの間(日本時間 同日18:25:54 から18:44:30 の間)、ETHUSDorderBookL2orderBookL2_25orderBook10、およびquoteリアルタイムwebsocketフィードは問題のある状態でした。この間、上記フィードのETHUSDオーダーブックは正しく表示されていませんでした。

検出されてから1分以内に、問題が発生した根本的な原因が特定され、解決がなされております。この問題は、数時間前に開発環境にデプロイされていたorderBookL2計算の最適化においてバグを引き起こした稀な注文イベントのシーケンスが原因でした。この変更は元に戻されています。

取引エンジン自体において注文への影響はありませんでした取引エンジンにて処理された後のETHUSDオーダーブックの表示部分のみです。

将来的に同様の問題が発生する可能性があることを検出し、早期に警告するために、追加の自動フィードバリデータを導入しました。

ご不便をおかけして申し訳ありません。さらにご質問がある場合は、弊社のお問い合わせフォームからサポートにお問い合わせください: https://www.bitmex.com/app/support/contact

2019年6月4日の定期システムアップデートについて

原文: Scheduled System Update, 04 June 2019

2019年6月4日1:00 UTC(日本時間同日10:00)から 3 – 5時間程度、当社データベースサービスに対する定期システムアップデートを行います。取引、ログイン、およびその他の主要なAPI機能は引き続きお使いいただけますが、更新期間中は次の機能がお使いいただけませんのでご注意ください:

  • 新規アカウント登録
  • メール検証
  • 2要素認証を有効にする
  • 2要素認証を無効にする
  • パスワードのリセット
  • 出金
  • 設定を更新する
  • Trollboxのアカウントをミュートにする
  • APIキーを作成する
  • APIキーを無効にする
  • APIキーを有効にする
  • APIキーを削除する

システムのアップデートが完了したら、再度お伝えいたします。


ご不便をおかけして申し訳ありません。この定期アップデートについてご不明な点がございましたら、お気軽にサポートへご連絡いただけましたら幸いです。こちらのコンタクトフォームから連絡が可能です: https://www.bitmex.com/app/support/contact

Websocket 遅延について 2019年5月30日

原文: Websocket Latency, 30 May 2019

2019年5月30日 16:00-17:00 UTC(日本時間翌日01:00-02:00)の間に、大きな市場変動の間に取引エンジンによって生成されたトラフィックの急上昇のため、Websocket APIにおいて大きな遅延が発生しました。またこの期間中、一部のWebsocket接続は、内部メッセージング層のメモリが制限に達したため市場データが更新されず、再接続が必要になりました。

処理能力を大幅に向上させ、Websocketフィードの全体的な待ち時間を短縮するため、当社のエンジニアは、すでに計画されている市場データ配信アーキテクチャの戦略的アップグレードにおける開発努力を加速させています。このアップグレードは今週テストネットリリースの予定で、メインプラットフォームにリリースされた際にユーザー様へお伝えします。

さらにご質問がある場合は、弊社のお問い合わせフォームからサポートにお問い合わせください: https://www.bitmex.com/app/support/contact