General Announcement

新商品やBitMEXチームメンバーの追加、および取引エンジンとインデックスの更新に関する最新ニュース

最近公開された記事

先週のDDoS攻撃に対する当社の対応について

原文: How We Are Responding to Last Week’s DDoS Attacks 先週金曜日、3月13日の2時16分 UTC(日本時間 同日11時16分)と 12時56分 UTC(日本時間 同日21時56分)の2度にわたり、BitMEXプラットフォームは、分散型サービス拒否攻撃 (DDoS)を受けました。これらの攻撃は、BitMEXプラットフォームとの間で交わされるリクエストに遅延や障害をもたらし、当社のユーザー様に対する直接的な障害を引き起こしました。この事態を受け、当社は情報収集と分析を行うため、24時間体制で取り組んで参りました。 まずは、サービスが停止したことによって生じたユーザー様の差し迫った懸念事項にお答えし、何が起こったのかということと、プラットフォームのセキュリティ強化策について、より詳しくお伝えしたいと思います。 まずは、先週のDDoS攻撃によって何が起こったのか、当社がどのように対応したかについての要約をご説明します。 2時16分 UTC に、ボットネットがBitMEXのプラットフォームに対してDDoS 攻撃を開始しました。その後まもなく、1ヶ月前の2月15日に、このボットネットが同様の攻撃を行ない、失敗に終わっていたことが判明しました。当社のアクセスログによれば、攻撃者は2月に攻撃対象を特定し、最も市場への影響が大きくなる攻撃のタイミングを見計らっていたと考えられます。 先週金曜日、市場のボラティリティがピークに達したとき、ボットネットは、トロールボックス機能向けに特別に細工されたクエリを介して、プラットフォームに大量のデータを送り込み、データベースのクエリオプティマイザに非常に非効率なクエリプランを実行するよう促しました。詳細は以下をご覧ください。 当社のセキュリティチームは、データベースの CPU 使用率が 100% に達し、そのCPUの6% がIO wait(アイドル状態)になっていることを発見しました。この時点では、当社のクラウドプロバイダーのハードウェア障害であると考え、ディスクの異常であるという誤った診断を下しました。EBS ボリューム障害は、多くの場合、同様のパフォーマンス特性を示します。 この DDoS...

2020年Q2 インデックスウェイト

2020年3月27日12:00:05 UTC(日本時間 21:00:05)に、BitMEXはインデックスのウェイトを更新いたします。 本日より、新しいウェイトのインデックスの想定値が「NEXT」インデックスファミリーとして公開されます(例:.BXBT_NEXT)。 2020年3月27日12:00:05 UTCにおいて、インデックス保護ルールにより除外される構成取引所がないと仮定した場合、BitMEXインデックスのウェイトは次のようになります。   Binance Bitstamp Bittrex Coinbase Gemini Huobi Itbit Kraken Poloniex .BXBT - 24.86% 2.53% 44.98% 4.61% - 2.80% 20.22% - .BETH - 12.58% - 53.08% 6.96% - - 27.38% - .BETHXBT 55.02% - - 5.30% - 28.22% - 4.00% 7.46% .BXRPXBT 62.04% - - 5.41% - 18.60% - - 13.95% .BBCHXBT 41.44% - - 6.06% - 52.50% - - - .BLTCXBT 63.19% - - 8.51% - 23.11% - - 5.19% .BEOSXBT 40.22% - - 2.57% - 57.21% - - - .BADAXBT 93.60% - - - - 6.40% - - - .BTRXXBT 60.84% - - - - 39.16% - - - .BXRP - 48.71% - 37.72% - - - 13.57% - インデックスのウェイトの計算を含むBitMEXの「NEXT」インデックスがご参考のため利用可能となっています。 BitMEXインデックスをさらに理解するには、BitMEXの「NEXT」についてのドキュメントをご参照ください。 ご不明な点がある場合は、お問い合わせフォームからサポートにお問い合わせください。

最も人気のある記事

A collection of the most popular articles on General Announcement.