BitMEX ブログ

BitMEXの最新ニュースおよび開発に関する情報

最近公開された記事

はじめにハウスありき

原文: In The Beginning There Was House   (出典: Space Ibiza Nightclub) はじめにジャックありき。そしてジャックは楽しんだ。そして、この楽しみが楽しみを呼んだ。そしてある日、ジャックは、ボックスに向かって荒々しく、そして大胆に宣言した。「ハウスよ、あれ!」そして、ハウスミュージックが生まれた。 私は、このロックダウン中、毎日の日課となったサイクリングやランニングをしながら、乗りのいいハウスミュージックや街のネオンを夢見ているが、日にちや曜日さえも分からなくなっている。そして、現実に戻る。前回のレポートを執筆して以来、色々なことがあった。エネルギーと輸送分野に対する投資が失敗しているにも拘わらず、私のポートフォリオはポケット爆弾(金とビットコイン)のおかげで引き続き救われている。そして、私はとてつもなく強いドルを予想して、オプションを購入する作業になにがしかの金をつぎ込み続けている。 私は以下のFXオプションのロングを保有している。EURUSD 1.00ストライク1年 プットUSDKRW 1600ストライク1年 コールUSDCNH 8.00ストライク2年コール 私は、エクイティオプションにも手を出している。S&P 500(SPX)では、最近の安値から62%のリトレースメントに近いダブルトップが、私に語りかけてくる。この秋、2,200ドルを再び試す展開がありそうだと。私は、ちょこざいなSPY (SPDR S&P500 ETFトラスト)Sep20 220ストライクのプットポジションも保有している。私は、このコールが完全に間違っているとの誹りを甘んじて受ける。米国民の3割が、以前よりはカモフラージュされるようになったフードスタンプの収集に明け暮れている間に、SPXが史上最高値を再び試そうとする過程で、3,000ドルを超えたら、仮想通貨に賭けよ! 余談だが、私の母とその家族は、非常に貧しい家庭で育ち、兄弟姉妹もフードスタンプを利用していた。これらのスタンプは文字通り物理的な証紙で、会計の際にはよく目立つ汚名そのものを持ち歩いているようなものだった。今はより多くの人々が、政府から補助金を受け取っているが、小綺麗なデビットカードに振り込まれるため、誰が失業手当をもらっているかは分からない。経済界も少しは進歩したものだ… COVID19のロックダウンによって終わりの見えない休憩時間を与えられている間に、私は、伝説的なマクロヘッジファンドのトレーダーによるさまざまな解説を聞いたり、読んだりすることを楽しんでいる。なかでもStan Druckenmillerのニューヨーク経済クラブとの最近のインタビュー、Lacy Huntとの13Dでの最近のインタビューの2つは傑出している。 その話のポイントは、マイナス金利が銀行システムを破壊するというものだ。米国の銀行のロビーイストたちは、マイナス金利を擁護する野蛮人を入り口に配置し続けてきたが、財務省が四半期ごとに数兆ドルを借り入れなければならないときに、その特権のためになぜ支払われなくてもよいのか?それは民主党と共和党の両方が同意できるものだ。慎重なパウエル(米連邦準備制度理事会議長)が、人気取りで選出されたデマゴーグの根底にある欲望に屈するのにそれほど時間はかからないだろう。 それは物理的な金と金鉱業にとって素晴らしいニュースだ。米国で金利がマイナスになれば、この業界に注目すべきだ。金は何も生み出さないというのは、経済学的正統派の間によく見られる反応だ。しかし、銀行に預金するだけで預金管理手数料を取られ、タンス預金も、職を失って怒り狂った銃を持つ強盗に奪われるくらいなら、私たちを元気づけ、ゴールへと導いてくれるドロシー(訳注:『オズの魔法使い』の主人公)を呼び出し、スキップ、ホップ、ジャンプで、ゴールを目指す「黄色いレンガの道」を再び見出し、歩んでいきたいと思っても不思議ではない。 Real Vision(訳注:金融情報TV)のHugh Hendryとのインタビューがとても興味深かった。彼はまさに巨匠としか言いようがない。彼らが議論していたのは、株式オプションにおけるスキュー(市場のゆがみ)がプットオーバーの状態からコールオーバーの状態へと移行する未来に関するもので、まだコンセンサスにはなっていないため、引き続きその行方を見守っていきたいと思う。もしそういうことになれば、ゼロコストで長期のコールから抜け出す方法に資金を供給するため、プットの投げ売りに発展する可能性がある。私はかなり大きく出るつもりだが、自らしっかり合点がいったら、みんなにも紹介しよう。 このようなダイジェストの執筆は、自分の考えを吐露する良い機会だ。願わくば、執筆にあたっては、常に論理的で、自分の投資が大きな損害を被る前に、自分自身の知的な誤りに気付きたいものだ。 ビットコインベイビー Paul Tudor Jones(「PTJ」)という人物は、とにもかくにもすごいトレーダーだ。なぜ今後インフレが進展し、数年後にはビットコインがインフレを上回る成績を残す可能性があるのかということに対する彼の信念は、ビットコインのリスクを負うファンドマネージャーからキャリアリスクを取り除く上で、非常に重要である。平均的なマネーマネージャーになる平均的なトレーダーのキャリアパスをひとつずつ見てみよう。 このことを、金融サービスに従事していた頃、そしてその後の自分のキャリアを用いて説明しよう。私は決して模範的な社員でも、非常に収益性の高いトレーダーでもなく、その経歴や業績は、平均以上のものではなかった。 「エリート」大学に通う。ペンシルベニア大学ウォートン校は、アメリカの「high finance」(ステータスの高い金融関連企業)に最も多くエリートを排出している大学である(「ファイナンス」ではなく、「フィナーンス」と「ナー」にアクセントを付けて言わなければ、彼らの世界では正しくないのだ)。その人の専攻が何なのか、何らかの学問を学んだかどうかは関係ない。酒の席で社交的に振る舞うことができれば、ただ道を歩いているだけでも職を得ることができる。20世紀の金融業界における最悪党たちはペンシルバニア大学出身である。Milken, Perlman, Wynn...

2020年5月26日 BitMEX .BXBTインデックスの更新

原文: Update to BitMEX .BXBT Index, 26 May 2020 2020年5月26日05:00 UTC(日本時間同日 14:00)より、BitMEXは.BXBTインデックスにItbitを再導入します。構成銘柄は以下の表に詳細が記載されています。 2020年5月25日13:58:25 UTC(日本時間同日 22:58:25)に、インデックスの保護ルール3(a)に従い、.BXBTインデックスの構成要素としてItbitが削除されました。これは価格は構成要素の中央値と25%以上の差があったためです。 ご不明な点がございましたら、サポートまでお問い合わせください。 変更されるインデックス 変更後のインデックス構成要素 .BXBT Bitstamp, Bittrex, Coinbase Pro, Gemini, Itbit, Kraken

2020年5月19日ダウンタイムの検証結果について

原文:Postmortem: Downtime, 19 May 2020 5月19日、BitMEXの取引エンジンにおいて予期せぬサーバーの再起動の結果、日本時間21:00から22:40の間に予定外のダウンタイムが発生することとなりました。調査の詳細を共有する前に、今回に出来事に影響を受けたすべての方々に改めてお詫びを申し上げます。このようなイベントがお客様に与える影響は非常に大きいことを十分に理解しております。このブログ記事では、今後のダウンタイムのリスクを最小限に抑えるために、可能な限りのことを行っていることを確認するため、当社が継続して行っている手順を概説しています。また、ユーザーがダウンタイムイベントに関連するリスクをどのように管理することができるかについても、いくつかのガイダンスを提供しています。 また、今回のイベント中にお客様の資金が危険にさらされたり、取引所がオフラインの間に清算が行われたりすることはなく、保留中ならびに新規のお客様の出金依頼はすべてオンラインに戻ってから90分以内に処理されたことを改めてお伝えします。 以下は何が起こったか、当社がどのように対応したかの要約です。 21:00 JST 取引エンジンのサーバーが予期せず再起動しオフラインに 21:01 JST  当社のエンジニアリングおよびDevOpsチームが、インシデント対応を開始 21:13 JST 当社のお客様は https://status.bitmex.com とBitMEXの公式 Telegramチャンネルでライブアラートを受信。その後、一連の更新メッセージが出来事の発生中にすべてのプラットフォームで発行 21:20 JST 取引エンジンのサービスが部分的に復旧し、当社のチームが業務再開に必要な次のステップを開始 21:38 JST 取引エンジンサーバーが突然再起動したため、当社のチームは取引エンジンをスタンバイサーバーに移行するための別の復旧手順を開始 21:41 JST 当社のクラウドプロバイダーは、両方のサーバーの再起動が基礎となるハードウェアの問題に関連していることを確認 22:04 JST 取引エンジンのサービスが正常に復旧 22:23 JST 取引プラットフォームは「市場は一時停止し、キャンセルのみのモード」でオンラインに戻り、22:40 JSTにすべての取引業務の再開に関する通知が顧客に送信 22:40 JST 取引が正常に再開 出金は23:00...

XBTおよびETHシリーズの最小維持証拠金の引き下げ(2020年5月5日)

2020年5月5日 日本時間 11:00 に、トライアル期間の試みの一環として、XBTシリーズおよびETHシリーズ契約商品の最小維持証拠金を引き下げます。これには、2020年5月5日 日本時間13:00 に開始されるETHUSDM 20 クオント先物契約が含まれます。最小当初証拠金は変更されません。当社の契約商品の現在の最小維持証拠金要件は、以下よりご覧いただけます。 これらの変更は、より良い取引体験のためにプラットフォームを改善するとともに、お客様のフィードバックを反映するための継続的な努力の一環となります。このトライアル期間の終了は、1週間前に通知されます。 以下の表より、影響を受ける契約とその最小証拠金の要件をご確認ください。 契約* 現在の最小維持証拠金 5月5日からの最小維持証拠金 現在の最小当初証拠金 5月5日からの最小当初証拠金 XBTUSD 0.45% 0.40% 1.00% 1.00% XBTM20 0.45% 0.40% 1.00% 1.00% XBTU20 0.45% 0.40% 1.00% 1.00% ETHUSD 0.90% 0.80% 2.00% 2.00% ETHUSDM20   0.80%   2.00% ETHM20 0.90% 0.80% 2.00% 2.00% *リンク先の詳細は、新しい証拠金要件が適用された後に更新されます。 これらの変更のインパクト(XBTおよびETHシリーズ) 最小リスク制限 (XBTUSDについては200 XBT未満、その他の契約については50 XBT未満) のトレーダーの場合: 当初証拠金の要件は変更されないため、破産価格は変更されず、利用可能な最大レバレッジも変更されません。 保全証拠金の要件が縮小するため、清算価格が破産価格に近づき、清算時に失われる保全証拠金の額が減少します。 当初証拠金と維持証拠金との差額が増大することにより、清算価格と平均エントリー価格との差は以前に比べ大きくなります。 最小リスク制限 (XBTUSDについては200を超えるXBT、その他の契約については50を超えるXBT) を超えるトレーダーの場合: 当初証拠金の要件 (当初証拠金 = 最小維持証拠金 + ステップ x 最小維持証拠金) が縮小されるため、破産価格が平均エントリー価格に近づき、利用可能な最大レバレッジが増加します。 維持証拠金の要件が緩和されるため、清算価格は破産価格に近づき、清算時に失われる維持証拠金の額は減少します。 当初証拠金と維持証拠金との差額が大きくなるため、清算価格と平均エントリー価格の差は以前に比べ大きくなります。 なお、資金調達率の絶対値の上限は、75% × (当初証拠金 - 維持証拠金) の定義に沿って変更されます。それぞれの資金調達間の変化の上限 (維持証拠金の75%) も引き下げられます。これらの定義の詳細については、無期限契約ガイドをご参照ください。 契約 以前の資金調達率の上限 新しい資金調達率の上限 以前の資金調達率のデルタ上限 新しい資金調達率デルタ上限 XBTUSD 0.4125% 0.45% 0.3375% 0.30% ETHUSD 0.8250% 0.90% 0.6750% 0.60% ご不明な点がございましたら、コンタクトフォームを通じてサポートにご連絡ください。

日本の居住者の皆様へ

新規登録に関しては2020年4月30日23:00:00(日本時間)をもって、既存ユーザ様に関しては2020年5月1日00:00:00(日本時間)をもって、当社は日本の居住者のアクセスを制限します。これにより、BitMEXプラットフォームに初めて登録される日本の居住者は、取引を行うことができません。既存のお客様は、新たにポジションを構築し、もしくは既存のポジションを拡大する取引を発注できなくなります。しかし、お客様が既にお持ちのポジションが影響を受けることはなく、これらは関連する契約約款に従い継続されます。 これらの制限は、金融商品取引法及び資金決済に関する法律の改正が今月初旬の政令により5月1日から施行されることになったことを受けたものです。当社は、暗号資産商品に関して規範を定立し、急速に拡大するアセットクラスの発展を支えようとされる当局の努力を支持いたします。当社は、日本市場に関する当局のねらいを支持するとともに、当局との協議を継続したいと考えており、進展がありましたらお客様にお知らせいたします。ご質問がありましたら、ご遠慮なく問い合わせフォームより当社サポートへご連絡ください。

WebSocketシステムのアップグレードによるエンドユーザーのレイテンシの大幅な改善について

原文:WebSocket Systems Upgrade Complete: Significant End-User Latency Improvements 2020年4月22日日本時間02:00~04:30の間、BitMEXは次世代版のフィードアーキテクチャを導入しました。このシステムは内部的に「Publisher」と呼ばれています。これは、取引エンジンからの生データのFirehoseを受信し、内部のIPCフォーマットからJSONに解析し、サブスクリプションに分割し、エッジのウェブサーバーに公開する役割を担っています。 その結果、データフィードの大半において、当社の内部パブリッシャーシステムで要する時間のうち、p90、p95、およびp99のレイテンシが10倍に改善され、一部のフィードでは20倍近くに達しました。最も影響が大きかったフィードは、すべてのシンボルに対して、trade、orderBook(すべてのタイプ)、order、execution でした。最も影響が少なかったフィードは position と margin でした。 このレイテンシの改善により、直接的にエンドユーザ様がメリットをうけることになります。Publisherが、エンジンイベントとアプリケーション間のレイテンシのすべての原因ではありませんが、最大の原因であり、最も多くの外れ値を生み出していました。ユーザ様のアプリケーション側では、レイテンシの分散が大幅に改善されることが期待されます。現在、当社のWebSocket実装では、これらの数値をさらに改善するために、レイテンシの原因をターゲットにして、その原因を取り除いています。 こちらのバージョンは当社のPublisherアーキテクチャの第4世代であり、これまでで最速です。第4世代では、テーブル間の順序付けと正確なサブスクリプションの構築を維持しながら、非常に多くのメッセージを並行して処理することができます。しかし同時に、テーブル間の順序付けはもはや保証されていません。 結果として、レイテンシの分散が劇的に改善されました。以下のチャートはWebSocketサーバに到達する前のorderBookL2_25更新の平均処理時間を示しており、今回の改善をご確認頂けます。 トレードフィードでも同様の改善が見られます。 BitMEXのサブスクリプションの大部分は、上記のパターンに従っています。以下のチャートは、すべてのテーブルを合わせた平均値、p90、p95、およびp99の改善を示しています。 この取引体験の向上をお楽しみいただければ幸いです。私たちのチームは、エンジン、マッチングと再マージンのスループット、データベースのスループットと容量、ウェブ層の応答時間と自動スケーリング、さらには新しい注文と契約の種類に至るまで、より多くのインフラストラクチャのアップグレードを提供するために懸命に取り組んでいます。今後数ヶ月の間にローンチされ次第、これらについても発表致します。  

クオント先物契約の発表

2020年5月5日 日本時間 13:00 に、最大50倍のレバレッジ取引が可能な ETHUSD クオント先物契約を開始いたします。初回の契約 (ETHUSDM20) は、六月限となります。この新契約商品は、マーケットで入手可能な唯一のタイプとなっており、BitMEXでの重要な新しい取引の機会を提供するものとなります。 ETHUSD クオント先物は、イーサリアムの米ドル価格に関係なく固定のBitcoin乗数を持ちます。これにより、トレーダー様はETHやUSDを保有することなく、ETH/USDの交換レートをロングまたはショートすることができます!トレーダー様はXBTを証拠金として使用し、ETH/USDレートの変化に応じてビットコインを獲得または喪失します。 この契約は、ETHUSD無期限スワップのクオントの特徴と、伝統的な先物商品に見られる満期と決済を組み合わせたものです。BitMEXの他のアルトコイン先物と同じく、四半期ごとに満期を迎えます。 ETHUSDM20は、契約明細とETHUSDシリーズガイドと共に、現在テストネットで利用可能となっています。 契約の主な詳細: シンボル: ETHUSDM20 満期日: 2020年6月26日 1200UTC (日本時間 21:00) ビットコイン乗数: 0.000001 XBT (100 Satoshis) XBT契約価額: ETHUSD価格*ビットコイン乗数 (100 Sat/1米ドル) 原資産: .BETH  最大レバレッジ: 50倍 メイカー手数料: -0.025% テイカー手数料:...

COVID-19に対する当社の対応

原文: How We Are Responding to COVID-19 暗号通貨取引プラットフォーム BitMEXの運営会社であるHDR Global Trading Limitedは、COVID-19レスポンスファンドについてここに公表することができることを光栄に思います。当社は、今回のパンデミックに対応するための世界的な取り組みに対し、250万米ドルの寄付を決定いたしました。 COVID-19は、世界的な協調が必要とされる前例のない危機です。ウイルスの拡散を遅らせ、その影響を軽減し、命を救う上で、企業が重要な役割を果たしており、当社もできる限り貢献したいと考えています。 フィンテック企業として、当社がこれらの取り組みに貢献するための最善の方法は、慈善活動を通じたものです。 慈善活動は、この危機のさなかにあって、ユニークな可能性を秘めています。目的をもって戦略的に配分される資金は、世界的な対応におけるギャップを埋め、設備は整っているものの、リソースが不足しているという組織に、迅速に力を与えることができます。当社が選択した支援対象組織は、COVID-19への取り組みをリードする4つの組織で、より多くの資金を獲得できれば、対応規模を拡大することができます。 当社は、この世界的な危機に焦点を当てる一方で、次のパンデミックに対処する能力を構築する方法についても検討する必要があります。別の新たな流行に対処するためには、発生を未然に防ぎ、発生を迅速に検出し、大規模に展開できる迅速な対応策が必要となります。 HDR Global Trading のCOVID-19レスポンスファンドは、次の4つの組織に対して、30万米ドルから100万米ドル、合計で250万米ドルの助成金を提供する意向を固めました。 Gates Philanthropy Partners Nuclear Threat Initiative (バイオセキュリティ・プログラム) OpenMined Our World in Data Nuclear Threat Initiativeは、Beth Cameron博士率いるバイオセキュリティチームを持つ、独立した非営利団体です。キャメロン博士のチームは、世界的な生物学的リスクを減らすために、政策分析と能力構築プロジェクトに取り組んでいます。同組織は、グローバルヘルスセキュリティ指数を利用して、COVID-19に対して最も脆弱な国を特定する取り組みに着手しています。この組織を支援することは、今回へのパンデミックに対する対応だけではなく、将来的な別の大きなパンデミックのリスクを減じる上でも有効です。 さらに当社は、ウイルスの拡散に関する貴重な情報を照合し(Our World in...

SARS-CoV-2のある暮らし

要旨: 以下の記事は、ゲストライターであるLeo Weeseによって書かれたものである。Leoは、文化、仕事、健康、経済、金融へのCOVID-19の潜在的かつ長期的な影響について説明している。彼によれば、香港やシンガポールのような一部の国では、ウイルスの根絶を目指す可能性があるが、その他の西側諸国では、医療システムが管理できる程度に疾病の蔓延を遅らせる可能性が高いと結論づけている。今日、私たちが目の当たりにしている変化は、予想以上に永続的なものになるかもしれない。 COVID-19を引き起こすウイルス、SARS-CoV-2(SARS-2)は、パンデミック水準にまで拡大している。この健康危機は、21世紀全般ではないとしても、2030年までの決定的な瞬間となる可能性が高い。今回の出来事は、わずか数週間という短い期間に、何百万人もの人々の行動を劇的に変えたが、近い将来の政治、社会、経済をも形作ることになるだろう。 香港の深水ホに展示されているプロパガンダ画像 社会がどのように変化するかを正確に推測するには時期尚早かもしれないが、2001年と2008年の経験からすると、長期的な影響は常に誇張されるとしても、変化の一般的な性質は、比較的早い段階で予測することができる。SARS-2は、新時代の幕を開けると同時に、勢いを失いつつあるテロとの戦いの行く末に蓋をし、すべてのバブルが急速に萎むことに対する脅威となるだろう。 以下に述べる見解は、主にあなたの(そして私の)娯楽のために書かれたものである。分かりやすくするために、わざと誇張されている。

新しいBitMEX Telegramチャンネルのご紹介

当社では、すべての利用者様がBitMEXの最新情報や公式発表にできるだけすばやく、簡単にアクセスできるように、拡大するユーザーベースに伴うコミュニケーションを改善する方法を常に検討しています。その一環として今回、BitMEXの公式Telegramチャンネルを開設いたしました。 https://t.me/BitMEX_Announcements このチャンネルは英語による発信となりますが、利用者様が最新のBitMEXのニュースや動向を知るためのもう一つの便利な方法となります。なお、BitMEX公式のコミュニケーションチャンネルのリストは、こちらの当社サポートサイトよりご覧いただけます。

最も人気のある記事

BitMEXブログで最も人気のある記事一覧