EOS先物契約開始のお知らせ

この一ヶ月の間に、BitMEXでは取引エンジンの性能を大幅に改善し、システム全体の処理能力や過負荷時のレスポンス性能の引き上げを行いました。近日中に、BitMEXの発展とシステムのスケーリング手法をについて、私達が行った改善の詳細と、現在我々が取り組んでいる課題についてお伝えしたいと思います。前回のレポートはこちらでご覧いただけます。

BitMEX取引エンジンの性能向上と大きな需要を受けまして、私達はEOS Token / Bitcoin 29 June 2018の先物取引の提供を開始致しました。

アップサイド&ダウンサイド利益契約の行使価格の変更

6月8日(金)日本時間 21:00をもちまして、110%の行使価格であるアップサイド利益契約 XBT7D_U110、および90%の行使価格のダウンサイド利益契約 XBT7D_D90 は上場廃止がなされます。そして次の新契約が上場します:105%の行使価格であるアップサイド利益契約 XBT7D_U105、および95%の行使価格のダウンサイド利益契約 XBT7D_D95

2018年5月17日のサービス一時停止について

2018年5月17日、本日BitMEXの取引エンジンにおいて、これまでに前例がなく、また予測できないいくつかの問題が発生し、一日を通して注文の遅れとサービスの停止を生じさせました。

同日世界標準時10:00頃、メインの取引エンジンハードウェアに取り付けられているディスクのパフォーマンスが、急激に低下しました。これによりフィードへのアーカイブや、再掲載に遅れが生じ、これが重大な後方圧力となりました。ディスクの入力/出力オペレーションは、期待値の1/20ほどになりました。

BitMEXは予備のドライブも運用していますが、今回のケースでは、両方においてパフォーマンスの低下が同時に生じました。我々はこれらを交換するためにメンテナンスによるサービス停止時間を持つことを余儀なくされました。残念なことに、後方圧力は我々の予想を数段上回る速さで積み上がったため、我々は予定を早めました。

この問題によりデータの信頼性が失われたということはありません、しかし、マシンを通常のパフォーマンスに戻すために、予想よりも長い時間が費やされました。

これが完了した後、我々は取引を再開しました。残念なことに、別の問題がデータ保存の最中に発生しました。再インデックスと希少リクエストパターン領域において、特定のデータで予期しないインデックスの再生成とシンボルの再有効化が発生したためです。これが新たな後方圧力につながり、再度同様の症状を発生させました。

我々は上記の問題に対し、複数の原因を突き止め改善しました。現在取引エンジンチームは一日中、注意深くエンジンのパフォーマンスを観察しており、同時にこの減速の根本原因を調査しています。

BitMEX テクノロジーの規模拡張:パート 1

こんにちは。BitMEX の CTO(最高技術責任者)Samuel Reed です。

BitMEX の構築に当たった過去 4 年間は驚きの連続でした。創業当時、私たちの 1 人として、このプラットフォームがこれほどの成功を収め、2018 年ビットコイン/USD 取引を支配するにようになると想像できませんでした。

2014 年から今日まで、BitMEX のプラットフォームはゼロから 1 日あたり平均取引高が 30 億ドルになるまでに成長しました。当社の主力商品、XBTUSDの取引高は、世界の仮想通貨商品の中で頂点にあります。当社は、世界中で、5 言語で世界中のお客様にサービスを提供し、ビットコイン価格の取得と流動性に関して上級プラットフォームとなっています。

BitMEX チームは、堅牢なモバイル商品を構築し、正真正銘クラス最高の技術チームを結成するなど、能力向上に全力で取り組んできました。私たちは、成功する目的となった要因のために、成功を喜びつつ、こうした栄光にあぐらをかくことはありません。むしろ、まったく逆で、今まで以上に忙しくしています。

当社は、コミュニティに、当社がどのように創設され、前進しているのかを知って欲しいと考えています。言い得て妙の名言どおり、「バグを克服するにはそのバグを理解しなければなりません」1

まずは、実話から始めます。

出典:russellfreeman.com

2014 年、私は、コーディングの集中セミナーを主催するGeneral Assembly社の香港でのウェブ開発パネルで講演していました。同社は、卒業間近の学生に、プロとして働く経験を味合わせたいと考えていました。私はその機会を利用して、自分の過去について話しました。小規模企業、新興企業、公的機関数社でいくつかのポジションを経験し、ソフトウェアエンジニアの需要の高さに驚いたことを強調しました。

かなり陽気な性格の人物が背後から質問しました。「CTO を募集中の現金に乏しい新興企業はどうやって自社をアピールしたらよいでしょう。このように競争的な状況で優秀な人材を引きつける方法にはどうしたらよいですか?」

「良い質問ですが、答えるのは難しいですね。資金調達無しでは、リスクと安定を天秤にかける重大な課題に向き合うことになります。経験豊富な開発者が、大手ハイテク企業での 20 万ドル以上の給与、快適でリソースに恵まれた環境を、週 80 時間以上の労働のために棒に振らなければならない理由などありません。基本的にあなたが探さねばならないのは、能なし(本当にそう言いました)です。ただし、多数のより有利な選択肢にかかわらず、リスクをとる覚悟のあるほどあなたのアイデアを信じている能なしをね。」私は質問者に幸運を祈り、公開討論会を続けました。

討論会の後、その質問者がやって来て、ビットコインデリバティブの取引所をやりたいのだと言いました。そのとき悟ったのです。私が能なしなのだと。そして、Arthur Hayes と私はビジネスパートナーとなりました。

多額の資金を調達することなく、私たちはアルファオンラインを 6 か月以内に持ち込み、「BitMEX 取引チャレンジ」をスタートしました。これはルール無しの取引コンテストで、取引所の性能を試します。正真正銘、ルール無し(複数口座を除き)でサイトをハックすると賞金を獲得します。その当時は賞金としてビットコイン数枚を支払いましたが、大きな失敗はありませんでした。

私の人生にとって残念なことに、私たちが BitMEX を立ち上げたのは、私と妻が新婚旅行でクロアチアに滞在している 2014 年 11 月 24 日のことでした。香港に居た Ben と Arthur とは遠くから祝いました。この 2 枚の写真の当初の取引インターフェイスに注目してください。今でも、その当時のままの Trollbox メッセージを読むことができます。

2014年11月24日、クロアチアのドブロヴニク

2014年11月24日、香港

すべてのプロジェクトは、構築された時代の創造物です。2014 年初期、仮想通貨のエコシステムは、マウントゴックスが残した空洞により混乱していました。その当時、注目されていたのは、現在の「プルーフ・オブ・ワーク」対「プルーフ・オブ・ステーク」でなく、「プルーフ・オブ・リザーブ」という現在では忘れ去られた用語(Google 検索して、すべての人気投稿のタイムスタンプを見てください)。実際、これに関する質問は、我々の Reddit 立ち上げ発表に関するランキング 1 位のコメントでした。

ビットコイン取引所を運営する最初のルールは、これまでもずっとそうだったように、「ビットコインを失うな」です。

このルールは、BitMEX での私たちの行動のすべてに行き渡っており、当社ポリシーとして浸透し、今でもマルチシグを使用するすべてのトランザクションで 100% コールドウォレットを使用しています。ブロックチェーンでの 3BMEX トランザクションを見れば、そのことを確認できます。1,250 日連続(!)で、私たち 3 人のうち少なくとも 2 人は起きたら、その日の出金を確認し、当社のリスクチェックをしたら署名して、署名する次のパートナーに引き継いで、最終的にブロードキャストしました。

当時私は、ユーザーがこのやり方に反発すると思っていました。もちろん、ビットコインはそれ以前に誕生したあらゆる金融システムより多くの点で優れています。ただ、劣っている点もあります。保管管理は、未解決の問題であり、常に警戒が必要です。当社のお客様はこのことを知り、その重要さを認識していると思います。初期の時代に、私たちは出金時間について多くの苦情を受けました。取引高で世界最大の取引所となった現在、苦情を受けることはほぼ皆無です。人々は悟ったのです – お客様の入金をこのように慎重に扱うのは、容易ではないと。当社がそうするのは、それが便利だからでなく、安全だからです。

2014 年当時の BitMEX

2014 年という年は、BitMEX の構築方法にも影響しました。私の過去の経験に基づき、ReactJSを採用したことで、BitMEX はこの方法で立ち上げられる最初の取引所となりました。この選択は、2018 年に突入するまで、多くの果実をもたらしています。

当社は、自前のマッチングと証拠金処理エンジンを、大規模の時系列データのクエリに従来利用されていた技術、kdb+/qに構築した最初(そして未だに恐らく唯一)の取引所です。これは自然に調和しました。SIMD 指図を利用しているため高速(待たずに済む)で、処理能力、柔軟性、正確性が大幅に向上します。Kdb+ の柔軟性とスピードにより、当社は品揃えサイクルを2倍にすることができました。低レバレッジのインバース型クオント先物から高レバレッジのもの、高レバレッジの先物から当社の主力商品であるXBTUSD 無期限契約まで豊富に取り揃えています。その実現には、柔軟性、イノベーション、そしてチーム全員の多くの労力が必要でしたが、ここまで拡大することができ、大いに誇りを抱いています。

さて、そろそろこの記事の題名の内容について触れなければなりません。BitMEX では現在、1 日あたり 65 億ドルもの取引が行われています。1 分間での最新記録 3,500万米ドルは、2016 年 4 月全体の取引高を上回っています。

強調表示されている部分、 2016 年 3 月における XBTUSD の取引高は 1,600 万ドルでした。XBTUSD は現在多いときにはわずか 1分間でその 2 倍が取引されます。

以下のチャートでは、全体表示ではまったく確認できない詳細をハイライトするため、時間スケールを徐々に大きくした月次取引高が表示されています。

  • BitMEX エンジンの注文処理方法と証拠金の再設定方法
  • 当社システムからお客様のブラウザまでのリアルタイムにメッセージが流れる仕組み
  • BitMEX が API-First 設計を使って、業界最強の API を提供する方法
  • ホットスポット、天井と底の負荷の比較、コーナーケース(ごく稀な厄介なケース)を示すパフォーマンスチャート
  • うんざりする「システム過重負荷」メッセージの内訳、および生成の仕組み

パート 3 では、次のトピックも説明します。

  • 2017 年以降、処理能力の増大状況を示すパフォーマンスデータ
    • 過去数か月において、大きく飛躍しましたが、需要も同様に増大しています
  • 第 2 四半期のロードマップと保留作業
  • オンラインデリバティブ取引の未来に関する BitMEX のビジョン

BitMEX の成功に貢献していただき、皆さんに感謝いたします。Ben、Arthur、私は、この素晴らしい企業の一員であることを何より幸運と感じています。お客様、チーム、市場での商機はすべて単純に最高クラスに属します。

私に直接ご連絡いただくには、Twitter: @STRML_および Telegram: STRML からお願いします。また、Whalepool TeamSpeakでトレーダーと時折話しています。 これは、気軽なトレーダーコミュニティで、長年、BitMEX に有益なフィードバックや激励の言葉をいただいています。

 

BitMEX が立ち上げられた、ドブロヴニクのアパートの窓からの日常風景

1 – Starship Troopers は、ソフトウェア開発に関する見解において、時代を先取りしていました。

 

アップ契約のおすすめ

BitMEX では、初のオプション商品「アップおよびダウン」契約の取り扱いを開始します。これは BitMEX プラットフォームの商品開発履歴において、大変画期的な出来事となります。先物、スワップ、そして今回加わったオプションと、BitMEX は仮想通貨業界にあらゆる形態のデリバティブ商品を提供するという目標に徐々に近づいています。

「アップおよびダウン」契約誕生の理由

アップ契約(別名「アップサイド利益契約」)、およびダウン契約(別名「ダウンサイド利益契約」)は、コールとプットオプションに似ています。BitMEX での最大の強みの 1 つとして、コミュニティと関与して、お客様の意見に声を傾ける点が挙げられます。この業界の洗練度が上がるにつれ、こうした商品を強く求める声が当社に届いています。

今、発売する理由

ビットコインデリバティブ商品取引の流動性状況は、過去 12 か月間で大幅に変動しています。BitMEX XBTUSD 無期限スワップは、今や、仮想通貨取引業界全体で最も取引高の大きい商品であり、1 日あたりの平均取引高は想定元本で数十億米ドル規模に達しています。

オプションのような非線形的商品が存続可能になる前提として、線形商品(無期限スワップや先物)の流動性が十分に潤沢である必要があります。XBTUSD および四半期ビットコイン/USD 先物契約の流動性状況を踏まえると、成功するオプション製品の発売に必要な流動性が現在、十分存在すると当社は確信しています。

利用例

現在のビットコインの取引価格は 1 万ドルであり、週末までに、10% 高の 1 万 1,000 ドルに変動すると仮定しましょう。ただし、目標水準に達成するまで、価格リスクをとることは望んでいません。週内のスポット相場の動向にかかわらず、目標水準に達するまで、ポジションが清算されることも望みません。例えば、価格が 5,000 ドルまで下落後、決済日までに 1 万 2,000 ドルまで回復する場合、ポジションはなお利益が出ており、清算されません。

そのため、ロングサイドでは、目標の 1 万 1,000 ドル上方で取引に参加できることが望まれます。アップ契約では、この希望を表明できますが、こうした「選択性」に伴い、オプションの売り手に支払うプレミアムというコストがかかります。

購入のみ可能な理由

ネイキッドオプションの売り(ヘッジなし)は、損失が無限大となる可能性があるため、素早く簡単に大損する商品の1つです。BitMEX での取引では、損失はプラットフォームへの預託証拠金に限定されるため、オプションの売り手が予想損失を返済できない場合、損失の社会化システムを設ける必要がありますが、これは避けたいものです。その結果、当社では、アップ契約とダウン契約の名目元本の全額の預託をオプションの売り手に義務付けています。

売り手にはレバレッジが一切提供されないため、マーケットメイクをするのは資本の観点から非常に高くつきます。十分な規模でタイトなスプレッドを保証するため、BitMEX と提携するアンカーマーケットメイカーのみが当初、オプションを売却できる唯一の組織となります。

お客様の多くは、BitMEX の提携組織が唯一のマーケットメイカーであることを心配するかもしれませんが、考慮すべき点を以下にいくつか挙げました。

  1. 詳細を後述するとおり、エンジンの過重負荷という問題は、現在の登録商品について、クオートを絶え間なく更新するマーケットメイカーが多数存在することが一因です。これにより貴重なエンジンの膨大な容量が消費されます。当社はエンジンパフォーマンスが修復されるまで、問題を悪化させる新商品の登録は見送っています(多数のアルトコイン四半期先物契約の登録を解除したのはこれが理由です。この商品の取引高は消費されるエンジンリソースに見合いません)。以上の理由より、アップ契約とダウン契約のクオートを出すマーケットメイカーが 1 社のみならば、エンジンに大きく影響することはありません。
  2. アップ契約とダウン契約では、証拠金で全額カバーされる必要があります。具体的には、買い手はプレミアムを全額支払い、売り手はオプションの名目元本の全額を証拠金として預託する必要があります。つまり、決済価格の水準にかかわらず、買い手も売り手もポジションを清算されることがありません。契約がイン・ザ・マネーで決済された場合、常に、買い手は確実に利益を受け取れます。そのうえ、アンカーマーケットメイカーは顧客を清算させるために、どのような方法でも市場を上下に操作できません。
  3. アンカーマーケットメイカーの果たす役割は、市場をタイトに維持して、契約期間全体にわたり、買い手が自由自在に取引に参入・撤退できるようにすることです。BitMEX が望んでいるのは流動性の増大であり、ワイドな市場や空のオーダーブックには興味ありません。
  4. 商品に関するお客様のフィードバックに応えるために、アップ契約とダウン契約に変更が加えられる予定です。アンカーマーケットメイカーは、サードパーティより早く新商品の構造を調整できるようになります。つまり、BitMEX では、商品を早めに撤収させ、保証された流動性と共に、素早くその商品を再登場させることができます。

エンジンパフォーマンス問題への対処

BitMEX では、エンジンパフォーマンスの改善を最優先しています。詳細なブログ記事『BitMEX テクノロジーの規模拡張:パート 1』で、当社 CTO の Samuel Reed は、当社が直面する問題とこうした問題を解決するために取り組んでいることについて詳しく説明しています。その要点をいくつかここに再掲します。

解決策は、サーバーの増設やエンジニアの増員といった単純なものではありません。当社エンジンの最大処理量は、リスクチェックや計算により制約を受けます。こうした作業は、注文、ポジション、取引、価格変動ごとに実行され、100 倍のレバレッジを許容するプラットフォームでの数学的一貫性を維持できるようにします。BitMEX では直面しているこの特異な問題を解決するため、以下の 2 つの戦略をとっています。

  1. できるだけ多くの既存機能を理想化して、効率面でメリットを得ます。BitMEX では週に 1 度、改善を実施していますが、エンジンパフォーマンスの改善に合わせて需要が増大するため、追加容量は急速に消費されます。
  2. エンジンを一から再構築して、上記問題を水平的に拡張可能にします。これにより、過重負荷という問題無しに、商品とユーザーを増やすことができます。この作業は進行中であり、すぐに解決するものではありませんが、ゴールに向かって取り組んでいます。

BitMEX では、容量を十分増大するまで、エンジンパフォーマンスを悪化させる商品を登録しないことを強調しておきます。

また、どの API ユーザーがリソースで最も当社の負担になっているかも調査しています。さらに、クオート/取引比率が理想的でないトレーダーに対する API レート制限が導入される予定です。かつて私は CEO として、当社プラットフォームで流動性を提供するようトレーダーの説得に非常に苦労しました。この体験は深く私の心に刻まれ、この問題の解決策を見出し、流動性の提供を望む誰もがそうできるようになることを追求する姿勢を強めています。

アップ契約とダウン契約を発売するからといって、BitMEX が過重負荷という問題を忘れたわけでも無視しているわけでもありません。むしろ、無理のない範囲で、新商品を発表、テストし続け、1年内に XBTUSD のような広範に成功を収める新たな商品を作る必要があります。

あなたがこの問題を解決できると考える才能あるエンジニアであるなら、連絡/入社してください。当社へのご連絡は、キャリアページから、またはEメールでお願いします。幹部スタッフがあなたの資格や提案を審査します。

– CEO 兼共同創業者、Arthur Hayes

BitMEX マーケットメイクデスク

当社は最近、利用規約を改定し、BitMEX 取引プラットフォームとマーケットメイクに従事する関連組織との関係を明確化しました。

利用規約の改定

BitMEX が運営する数ある事業の中には、営利目的でのトレーディング事業があり、BitMEX プラットフォームで取引される商品の処理をしています。  トレーディング事業では、マーケットメイカーとして主に取引します。トレーディング事業は、プラットフォームビジネスとは明確に区別されるように編成されています。具体的には、トレーディング事業とプラットフォーム事業がフロントオフィスのスタッフを共有することはありません。トレーディング事業は、別の実在の場所で運営され、プラットフォームでの注文フロー、約定、お客様、その他利用規約に記載されていて、他のプラットフォームユーザーが他の方法では入手できない情報へのアクセス権を有しません。さらに、個別の BitMEX 商品の利用規約に別途記載される場合を除き、トレーディング事業は他のすべてのユーザーに提示されるものと同じ条件でのみアクセス権と取引特権を提供されます。 

マーケットメイクをする理由

以前当社は、マーケットメイカーが非常に気まぐれであることを発見しました。彼らが投資を望む唯一のタイミングは、すでに取引フローがある取引プラットフォームに接続している時だけです。また、リソースを使って接続してもテイカーが見つからない新しい取引所を試すことを嫌います。有担保での取引を強いられる場合、これによりリターンは低下します。

他者に流動性を提供する気にさせるため、新商品が登録され次第、クオートする組織に出資しました。商品の流動性が高まると、この組織は そのクオートの規模を縮小し、BitMEX プラットフォームにある流動性の低い別の商品に集中します。

現在、この関連組織の活動は、アルトコイン契約に集中しています。XBTUSD とビットコイン/米ドル四半期先物契約には、潤沢な流動性があり、毎日、新規のマーケットメイカーが参入して、オーダーブックを分厚くします。ミッション完了です… 今のところは。

当社は、新しい流動的な商品にすぐに対応できることから、他のプラットフォームではアンカーマーケットメイカー無しに取り扱えないタイプの商品を試験的に試せます。また、新たなサードパーティ流動性プロバイダーの獲得プロセスも加速しています。

インセンティブを一致させる方法

トレーディング組織は、営利事業ですが、収益は、BitMEX 取引プラットフォーム事業から支払われるサービス報酬で構成されます。取引損益に関しては、マーケットメイクデスクでは、収支ゼロを目標としています。

デスクが課題に取引損益を出すと、プラットフォーム事業はスプレッドを縮小して、サイズを増やすように指示することになります。フランチャイズとしての BitMEX の成功尺度は、取引高の増加であり、マーケットメイクデスクの取引損益ではありません。

取引所の儲けが最大になると、マーケットメイクデスクの儲けも最大になります。これは、マーケットメイクデスク側では、不正で操作的な行動は許容されないことにもなります。前述したとおり、デスクは別の実在の場所にあります。彼らに与えられる情報やアクセス権は、BitMEX の他のどのトレーダーと変わりません。トレーダーは、プラットフォームが公正でないと感じると、利用しなくなるため、手数料収入が入らなくなります。

デスクが関与する活動

主力のトレーディング活動は、BitMEX の特定商品で流動性を双方向から提供しています。デスクが現在重視しているのは、アルトコイン契約の流動性増大です。また、アップ契約とダウン契約では、アンカーマーケットメイカーにもなります。

世界中の多様な取引相手と OTC (相対)取引も行います。

上述したとおり、デスクは操作的な行動に関与しません。デスクはお客様の利益を踏みにじることはありません。ストップロスハンティングや段階的マージンコールを誘導するために、BitMEX の市場や原資産の取引所をデスクが操作することはありません。

こうした行動のいずれも過去に起きていませんし、もし発見されたら、責任者は即刻、正当な理由による解雇となります。

デスクの運営者

デスクのヘッドトレーダーは、Nick Andrianov です。以前は、ドイツ銀行でエクイティフローとエキゾチックオプションのトレーダーをしていました。Nick と私は 10 年以上前からの知り合いで,

誠実性には疑いの余地がありません。

Nick には BitMEX の多様な幹部から事業目標が寄せられます。事業とマーケットメイクデスクは、すべての BitMEX 商品をできるだけ流動的にする明確な目標の下に、密接に連携しています。

金融リスク

マーケットメイクデスクが被ったトレーディング損失は、BitMEX 取引プラットフォームの支払能力に影響しません。

上述どおり、マーケットメイクデスクは別の組織内に属します。その目標は、BitMEX およびより広範な仮想通貨資本市場に流動性を提供することです。

– CEO 兼共同創業者、Arthur Hayes

負荷制限と「クローズ」execInst

高負荷時、一部のAPIユーザーがある方向に注文を出し続けるために、Close execInstを使用していることに我々は気がつきました。我々は、このような目的でクローズ注文を負荷制限から除外したのではありません  フロントエンドユーザーが、ポジションを完全にクローズすることを可能にするのが本来の目的でした。

今後、高負荷時のCloseオーダーは、数量を含む場合はキャンセルの対象になります。ポジション全体をクローズしたい場合は、 orderQty を入力しないようお願いします。クローズ注文とともにこの欄が空欄である場合、全ポジションだと解釈されます。

ポジションエンドポイントにおける負荷制限の変更について

2018年2月26日より、次のエンドポイントは負荷制限(load-shedding )の対象となっておりますので、ご了承をお願いいたします。

  • POST /position/leverage
  • POST /position/isolate
  • POST /position/transfer
  • POST /position/riskLimit

オーダーのキャンセルとポジションテーブルのクローズボタン(close execInst)は引き続き負荷制限から除外されます。

当社はこれらの機能において短期間に数多くのパフォーマンス改善を行っておりますが、問題を未然に防ぐために、これらを一時的に制限しなければならないことをご了承ください。

2段階認証の設定を徹底してください

今週BitMEXでは、複数のサイトで同一のパスワードを使用していたことを原因とする、アカウント乗っ取りが通常よりも多く発生いたしました。これは、ウェブサービスやEメールのいずれかのパスワードが危険に晒された場合に、BitMEXアカウントが重大な危険に晒されるということになります。 BitMEXのアカウントには細心の注意を払い、安全のため次のステップに従ってください:

  • パスワード管理サービスによる強く、ランダムなパスワードを使用する。
  • 複数サイトで同一パスワードを使用しない。
  • 常にBitMEXアカウントとメールアカウント両方に対し2段階認証を設定する。
  • もしアカウントにログインできなくなった場合、サポートに連絡してください。その場合は管理者からすでにメールが送られている可能性があります。

最近のETH清算に関するお知らせ

2018年4月15日2時22分UTC(日本時間同日午前11時22分)、Poloniex取引所のETHBTC価格は、0.063から0.052まで約18%急落しました。Poloniexでの価格は、ETHM18の基となるインデックス価格(.ETHXBT30M)の100%の参照価格として使用されています。

仮想通貨取引は価格の変動が大きく、非常にリスクの大きいものです。このような動きが予期しないもので、また好ましくない中、BitMEXでの価格は現物市場での価格を正確に反映しており、今回の価格変動においても同様です。BitMEXのシステムは設計通りかつ仕様通りに機能しているため、清算により生じた損失は返金の対象にはなりません。

インデックス価格の安定性は、当社にとって重要です。BitMEXは、現行のインデックスの構成に対して、調整が必要であるかどうかを引き続き評価していきます。仮想通貨の現物市場の流動性は常に変化しており、四半期型の先物契約の間も大きく変化する可能性があります。Poloniexは、ETHBTC (注:ETHUSDではありません) の流動性が世界で最も高い市場の一つですが、このような予期しない動きは、当社内において現行条件の再度見直しの必要性を喚起しました。

インデックス価格は、BitMEXの先物商品のマーク価格算出のために使用されています。このマーク価格は、清算の基となる証拠金の計算に用いられます。詳しい情報は、こちらをご参照下さい。

アルトコイン先物の変更に関して

2018年3月30日より、アルトコイン商品を以下のように変更致します。

  • 決済料金(0.25%)は、全ての先物契約に対して廃止されます。このようにして、エントリーと決済の障壁を取り除くことで流動性が上昇することを期待しております。
  • DASH, ETC, NEO, XMR, XLMとZECの契約に関しまして、期日を迎えたのちに上場廃止となります。これは、より人気のある契約のためにトレードエンジン容量を使うための措置です。最適化がなされた後、再度上場する可能性があります。
  • ADA, BCH, ETH, LTCとXRPの契約は、本日から四半期形式で再発行されます:
    • BitMEX Cardano/Bitcoin (ADAM18) 2018年6月29日決済先物契約
    • BitMEX Bitcoin Cash/Bitcoin (BCHM18) 2018年6月29日決済先物契約
    • BitMEX Ether/Bitcoin (ETHM18) 2018年6月29日決済先物契約
    • BitMEX Litecoin/Bitcoin (LTCM18) 2018年6月29日決済先物契約
    • BitMEX Ripple/Bitcoin (XRPM18) 2018年6月29日決済先物契約

注文に対する制限

2017年12月11日12:00UTCより、次の注文に対する制限が有効になっています:

  1. 一つのアカウントに対して、一つの契約商品につき、200のオーダーまで
  2. 一つのアカウントに対して、一つの契約商品につき、10のストップオーダーまで
  3. 一つのアカウントに対して、一つの契約商品につき、10の条件付オーダーまで

制限を超えた場合、「「オープン/ストップ/条件付」オーダーの数が制限を超えています」と表示され発注が拒否されます。

この制限は、BitMEXでのトレーディングをより快適にしていただくために設計されたもので、定期的に見直しされ更新されます。