プラットフォームのアップデート

BitMEX取引プラットフォームの機能のアップデートと改善。

最近公開された記事

2020年5月19日ダウンタイムの検証結果について

原文:Postmortem: Downtime, 19 May 2020 5月19日、BitMEXの取引エンジンにおいて予期せぬサーバーの再起動の結果、日本時間21:00から22:40の間に予定外のダウンタイムが発生することとなりました。調査の詳細を共有する前に、今回に出来事に影響を受けたすべての方々に改めてお詫びを申し上げます。このようなイベントがお客様に与える影響は非常に大きいことを十分に理解しております。このブログ記事では、今後のダウンタイムのリスクを最小限に抑えるために、可能な限りのことを行っていることを確認するため、当社が継続して行っている手順を概説しています。また、ユーザーがダウンタイムイベントに関連するリスクをどのように管理することができるかについても、いくつかのガイダンスを提供しています。 また、今回のイベント中にお客様の資金が危険にさらされたり、取引所がオフラインの間に清算が行われたりすることはなく、保留中ならびに新規のお客様の出金依頼はすべてオンラインに戻ってから90分以内に処理されたことを改めてお伝えします。 以下は何が起こったか、当社がどのように対応したかの要約です。 21:00 JST 取引エンジンのサーバーが予期せず再起動しオフラインに 21:01 JST  当社のエンジニアリングおよびDevOpsチームが、インシデント対応を開始 21:13 JST 当社のお客様は https://status.bitmex.com とBitMEXの公式 Telegramチャンネルでライブアラートを受信。その後、一連の更新メッセージが出来事の発生中にすべてのプラットフォームで発行 21:20 JST 取引エンジンのサービスが部分的に復旧し、当社のチームが業務再開に必要な次のステップを開始 21:38 JST 取引エンジンサーバーが突然再起動したため、当社のチームは取引エンジンをスタンバイサーバーに移行するための別の復旧手順を開始 21:41 JST 当社のクラウドプロバイダーは、両方のサーバーの再起動が基礎となるハードウェアの問題に関連していることを確認 22:04 JST 取引エンジンのサービスが正常に復旧 22:23 JST 取引プラットフォームは「市場は一時停止し、キャンセルのみのモード」でオンラインに戻り、22:40 JSTにすべての取引業務の再開に関する通知が顧客に送信 22:40 JST 取引が正常に再開 出金は23:00...

新しいアドレス管理機能のお知らせ

BitMEXユーザー向けに新機能が登場しましたのでお知らせします。新機能はアドレスブックです。 ツールやオプションの改善に向けた継続的な取り組みの一環として、ユーザーが出金時に素早く検索できるようにウォレットアドレスを入力・保存できる機能を導入しました。 https://www.bitmex.com/app/addressesにて、ウォレットアドレスの入力と保存が可能です。また、特定のアドレスに対しては確認メールをスキップするオプションも提供しています。 利用者様が取引や契約の管理をより簡単に行うためのいくつかの機能をリリースする予定ですが、こちらはその第一弾の機能です。今後数週間、数ヶ月の間にさらなる改善を予定していますので、ご期待ください。 ご不明な点がございましたら、お問い合わせフォームからサポートまでご連絡ください。

最も人気のある記事

A collection of the most popular articles on Platform Updates.