ETHUSD オーダーブックフィードでの問題につきまして(2019年6月24日)

原文: ETHUSD Orderbook Feed Issues, 24 June 2019

201962409:25:54 UTCから09:44:30 UTCの間(日本時間 同日18:25:54 から18:44:30 の間)、ETHUSDorderBookL2orderBookL2_25orderBook10、およびquoteリアルタイムwebsocketフィードは問題のある状態でした。この間、上記フィードのETHUSDオーダーブックは正しく表示されていませんでした。

検出されてから1分以内に、問題が発生した根本的な原因が特定され、解決がなされております。この問題は、数時間前に開発環境にデプロイされていたorderBookL2計算の最適化においてバグを引き起こした稀な注文イベントのシーケンスが原因でした。この変更は元に戻されています。

取引エンジン自体において注文への影響はありませんでした取引エンジンにて処理された後のETHUSDオーダーブックの表示部分のみです。

将来的に同様の問題が発生する可能性があることを検出し、早期に警告するために、追加の自動フィードバリデータを導入しました。

ご不便をおかけして申し訳ありません。さらにご質問がある場合は、弊社のお問い合わせフォームからサポートにお問い合わせください: https://www.bitmex.com/app/support/contact

2019年第3四半期の四半期先物リストについて

原文: Q3 2019 Quarterly Futures Listings

2019年6月14日 8:30 UTC(日本時間同日 17:30)に、BitMEX は新しい四半期先物契約の取扱が始まります。

2019年第3四半期の現在および今後の先物契約とその決済については、以下の表をご覧ください。太字の行が新しい契約になります。

コード ペア 取り扱い開始日 決済日
ADAM19 Cardano / Bitcoin 2019年3月15日 2019年6月28日
ADAU19 Cardano / Bitcoin 2019年6月14日 2019年9月27日
BCHM19 Bitcoin Cash / Bitcoin 2019年3月15日 2019年6月28日
BCHU19 Bitcoin Cash / Bitcoin 2019年6月14日 2019年9月27日
EOSM19 EOS Token / Bitcoin 2019年3月15日 2019年6月28日
EOSU19 EOS Token / Bitcoin 2019年6月14日 2019年9月27日
ETHM19 Ether / Bitcoin 2019年3月15日 2019年6月28日
ETHU19 Ether / Bitcoin 2019年6月14日 2019年9月27日
LTCM19 Litecoin / Bitcoin 2019年3月15日 2019年6月28日
LTCU19 Litecoin / Bitcoin 2019年6月14日 2019年9月27日
TRXM19 Tron / Bitcoin 2019年3月15日 2019年6月28日
TRXU19 Tron / Bitcoin 2019年6月14日 2019年9月27日
XRPM19 Ripple Token (XRP) / Bitcoin 2019年3月15日 2019年6月28日
XRPU19 Ripple Token (XRP) / Bitcoin 2019年6月14日 2019年9月27日
XBTM19 Bitcoin / USD 2018年12月17日 2019年6月28日
XBTU19 Bitcoin / USD 2019年3月15日 2019年9月27日
XBTZ19 Bitcoin / USD 2019年6月14日 2019年12月27日

2019年6月4日の定期システムアップデートについて

原文: Scheduled System Update, 04 June 2019

2019年6月4日1:00 UTC(日本時間同日10:00)から 3 – 5時間程度、当社データベースサービスに対する定期システムアップデートを行います。取引、ログイン、およびその他の主要なAPI機能は引き続きお使いいただけますが、更新期間中は次の機能がお使いいただけませんのでご注意ください:

  • 新規アカウント登録
  • メール検証
  • 2要素認証を有効にする
  • 2要素認証を無効にする
  • パスワードのリセット
  • 出金
  • 設定を更新する
  • Trollboxのアカウントをミュートにする
  • APIキーを作成する
  • APIキーを無効にする
  • APIキーを有効にする
  • APIキーを削除する

システムのアップデートが完了したら、再度お伝えいたします。


ご不便をおかけして申し訳ありません。この定期アップデートについてご不明な点がございましたら、お気軽にサポートへご連絡いただけましたら幸いです。こちらのコンタクトフォームから連絡が可能です: https://www.bitmex.com/app/support/contact

Websocket 遅延について 2019年5月30日

原文: Websocket Latency, 30 May 2019

2019年5月30日 16:00-17:00 UTC(日本時間翌日01:00-02:00)の間に、大きな市場変動の間に取引エンジンによって生成されたトラフィックの急上昇のため、Websocket APIにおいて大きな遅延が発生しました。またこの期間中、一部のWebsocket接続は、内部メッセージング層のメモリが制限に達したため市場データが更新されず、再接続が必要になりました。

処理能力を大幅に向上させ、Websocketフィードの全体的な待ち時間を短縮するため、当社のエンジニアは、すでに計画されている市場データ配信アーキテクチャの戦略的アップグレードにおける開発努力を加速させています。このアップグレードは今週テストネットリリースの予定で、メインプラットフォームにリリースされた際にユーザー様へお伝えします。

さらにご質問がある場合は、弊社のお問い合わせフォームからサポートにお問い合わせください: https://www.bitmex.com/app/support/contact

 

BitMEX クリプトトレーダー・ダイジェスト

BitMEX テクノロジー・スケーリング パート2:100倍への道

今日は、この連載のパート2をお届けします。オーバーロードと水平方向のスケーリングに関する問題について深く掘り下げます。前代未聞のボリュームを処理するためのこれまでの取り組みの結果について議論し、BitMEXエンジンの各パーツ、すなわち、シリアルでなければならない部分、並列化できる部分、そしてBitMEXAPIファーストの利点について詳しく説明します。

BitMEX リサーチデスク発

ライトニングネットワーク(パート2)-ルーティング料金の経済学

要旨: BitMEXリサーチは、ライトニングネットワークのルーティング料金の市場動向と、ライトニングノード事業者が、流動性を提供するための金銭的インセンティブについて分析します。 ルーティング問題については、そのコンピュータサイエンス的側面ではなく、ネットワークの主要な課題として、ライトニングのルーティング料金と、チャネルの流動性プロバイダーにとっての投資収益との間の相互関係とバランスを特定します。少なくとも理論上は、ライトニングネットワークの規模が拡大すると、金利や投資家感情の変化など、より広範な金融市場の状況が、ライトニングネットワーク料金の市場に影響を与える可能性があります。しかし、長期的に見れば、一般的な経済情勢がどうであれ、競争が、価格の主な決定要因になると考えられます。市場への参入障壁が低いということは、流動性プロバイダーにとっての投資収益よりも、そのバランスがユーザーや手数料の低下に有利に働くことを意味する可能性があります。

(写真提供:Pexels)

シュノア(Schnorr)署名とタップルート(Taproot)ソフトフォークの提案

要旨:新たなデジタル署名スキーム(Schnorr)やタップルートと呼ばれる補完的なアップグレードを含む、最近のビットコイン・ソフトフォークのアップグレード提案の概要とその状況をお伝えします。これらは、新たな機能を追加して、ビットコインのスマート契約機能を拡張しようとするものです。 アップグレードは、スケーラビリティとプライバシーの両方を同時に向上させるよう構成されています。複雑さが増すことを除けば、この提案に重大なデメリットはありませんが、最も物議をかもしているのは、これ以外に期待できる機能がない可能性が高いことです。結論として、多くの人がアップグレードを楽しみにしており、これに大きな期待を寄せていますが、忍耐が肝心だと言えるでしょう。


(写真の出典:Pexels)

ビットコイン・キャッシュSV – 6 ブロック・チェーンスプリット

要旨:2019年4月18日、BitMEX リサーチ・ビットコイン・キャッシュSVノードは、2ブロックの再編成を経験しました。まず3ブロックの再編成、次に6ブロックの再編成です。今回の短い記事では、一時的なチェーンスプリットに関するデータとグラフを提供します。チェーンスプリットは、コンセンサスに関する問題ではなく、大きなブロックでは伝播に時間がかかりすぎるという問題によって発生するようです。当社の分析によれば、スプリットに関連した二重の支出はなかったということが判明しています。

イニシャル・エクスチェンジ・オファリング(Initial Exchange Offerings)

要旨:この記事では、比較的新しい現象、イニシャル・エクスチェンジ・オファリング(IEO)に関するデータを提示します。2019年第1四半期のICO市場は、資金調達額ベースで前年比約97%減少しました。資金調達が比較的困難な現況に鑑み、プロジェクトの中には、ICOの「C」を「E」に変更したところもありました。おそらくこれは、資金調達を支えるための試みでしょう。少なくとも今のところ、この試みはある程度成功しているようで、年初来で約4,000万ドルが集まっています。ただし、長期的な投資家に対する当社の見通しは、引き続き懐疑的です。

中国へ行こう!

アメリカでは、「ハートランド(製造業と農業分野で主要な役割を負い、大きな商業都市や小さな町が寄せ集まっている中西部地域」、「ラストベルト(中西部地域と大西洋岸中部地域の一部にまたがる脱工業化が進んでいる地帯)」、「フライオーバー(アメリカの東海岸と西海岸を結ぶ飛行機が頭上を飛び越えていく、比較的近代化が遅れたアメリカ中央部)」といった地域の人々や、「非正規雇用者」らは、1980年代から現在まで、技術と金融の強気市場に参加してきませんでした。トランプは、ホワイトハウスにこの不満をぶちまけ、チャイニーズバッシングによって、選挙区民の歓心を引いています。そうです。トランプは、2020年の大統領選挙で、民主党員に圧勝すると考えるべきです。私はこの予測に基づいて取引します。
 
中国では、かつて田舎に住んでいた農民たちが農村を後にし、アメリカの上流中産階級に手頃な価格で販売する、がらくたのような品物を大量生産するための工場で働き始めました。習近平と中国共産党は、30年が経過した今も、大量の農民たちが幸せに暮らせるよう、賃金成長を続けなければなりません。これは、現実的な需要がなくなれば、重工業や製造業を支え続けるために、中国が紙幣を印刷するということを意味します。
 
アメリカも中国も、自国民のための労働市場を必要としています。貿易戦争はこの対立の表れです。残念なことに、この「戦争」は勝っても負けても、格差社会という構造的な経済問題を解決することはできません。それは、トランプと習の双方にとって、人々の目をそらすための都合の良い道具に過ぎません。
 
中国が不運なのは、自国の国内総生産(GDP)を成長させるために十分に機能する消費者主導の経済が存在しないことです。その代わり中国は、経済活動の創造を、紙幣の印刷に頼っています。貿易戦争の結果、中国は、成長率を「許容できる」水準に保つために、長期的には無意味ではあっても、紙幣をますます印刷し続けるようになりました。
 
私は、GDPは政治的な数字であるというマイケル・ペティスの見解に同意します。北京がGDP成長率を決め、その目標を達成するために、紙幣を印刷するのです。それは、中国経済の真の経済的健全性を示すものではありません。私は、中国のマクロ経済学を理解しようと真剣に取り組んでいるすべての人に、彼のニュースレターの購読を強く勧めます。高価ですが、たいへん価値のあるものです。
 
ではビットコインに戻りましょう
 
ビットコインは金融資産であり、マネーと信用の流れは、将来の価格推移を理解する上で非常に重要です。FRBPBOCは、2019年にバランスシートの規模を拡大すると約束しています。このことは、ビットコインにとってプラス要因です。
 
私が中国により注目する理由は、信用創造の規模が、毎年、どの国をも凌駕するほど、史上最大規模に拡大していることです。もう一つ考慮すべき重要な点は、中国の人々が実際に起こっていることに対して、幻想を抱いていないということです。 アメリカ人とは違って、普通の中国人は政府を信用していません。
 
アメリカ人は、アメリカが大好きです。アメリカ国内を歩いていると、アメリカの国旗をデザインしたものを身に着けている人をよく目にするでしょう。一方、中国の街を歩いてみてください。中国の国旗をファッションとして身につけた人よりも、バレンシアガのハンドバッグの方を多く目にすることでしょう。
 
1980年代初頭以来、中国は、人民元の切り下げと切り上げを何度も繰り返してきました。それは、合理的な判断でした。2017年初め以来、PBOCは、人民元を比較的安定させています。実際、金融引き締めにさえ動きました。しかし、貿易戦争がこの状況を一変させ、今では2008年の時と同じように、紙幣を印刷しています。その圧力は為替レートを中心にして高まり、PBOCはいつか金融引き締めを行って、GDPの成長を鈍化させるか、人民元を切り下げることになるでしょう。
 
中国の資産家は愚かではありません。彼らは終わりが近いことを知っています。最近、CNYがマジックナンバーである7.00に向かって上昇しているため、ビットコインは低迷から脱し、2倍以上になりました。


上のチャートは、20156 –  201512月および20191 –  20195月の2つの期間におけるUSD / CNH(これはオフショアのCNYです)とビットコイン / USDの価格推移を示したものです。このグラフは、人民元が急激に下落しているときは、ビットコインのパフォーマンスが良いことを示しています。
 
2019年の汚点は、中国の主要取引所がビットコイン/ CNY取引を提供しなくなったことです。今、中国のトレーダーは、中国のOTC市場でビットコインを取得しなければなりません。OkcoinHuobiが中国で大量に販売されているのを見たことがないからといって、彼らが中国市場へのサービス提供をやめたわけではありません。OTC市場は活気にあふれており、彼らは、買い手と売り手が中国で出会うことを可能にするための政治的に受け入れ可能な方法を見出したのです。
 
間違いなく中国最大のOTCトレーダーである趙東(Zhao Dong)氏は、成功した10億ドルのBitfinex LEO IEOを担当する主要人物の一人です。 彼は、Bitfinexをサポートする記録を中国の仮想通貨社会に送り出し、彼の強さとネットワークは、Bitfinexが中国のトレーダーを呼び戻すのに役立ちました。中国はまだ重要です。
 
転機となる重要な水準は7.00です。 PBOCが、人民元がこのレベルを突破することを許した場合、趙氏のような一般の人々は、先を争ってビットコインやその他の仮想通貨を手に入れようとするでしょう。2015年のように、突然の急な人民元の下落により、仮想通貨市場で、再び壮大な強気相場が始まる可能性があります。

CをEと入れ替える


疑わしくなったら、名前を変更しましょう。 最近はICOが禁句なので、IEOInitial Exchange Offerings)と呼ぶことにしましょう。2019年は、IEO市場開始の年となりました。BitMEXリサーチは、IEO市場の始まりについて分析した素晴らしい記事を書きました。

かつてICOという言葉を書けば、たいした能力がなくても、インターネットに接続しさえすれば、WordPressサイトを立ち上げ、ビットコインやイーサリアムのアドレスを入力して、たいしてうまくもないホワイトペーパーでその場しのぎのものを作成することができました。そして、ものの数ヶ月で、そのチームは仮想通貨の億万長者になりました。弁護士や規制当局が皆怖がって逃げ出した後、ICO市場は消滅したのです。

IEO市場は、その灰の中から立ち上がったのです。今回は、ただ誰かがお金を集めるのではなく、最も活気のあるユーザーベースを持った取引所が、門番になりました。ICOプロジェクトは、BinanceBittrexKrakenBitfinexなど、どこにでも押し寄せました。投機家なしにICOを推進することはできません。成功した取引所は皆、彼らを呼び込んでいます。取引所は、たくさんのアマチュアの金融トークンアドバイザーが高い金利を取るのを許しておかず、そうした人々をプロセスから完全に排除しました。

最も直接的なIEO投資は、取引所自体に投資することです。Binanceは、BNBトークンを使用してトークンの取引所を開発しました。Binanceは、取引所からの利益で市場内のBNBを買い戻すと約束しました。トレーダーにBNBの所有を促すために、Binanceは手数料の割引を行い、最近では、投資家たちに、今流行のIEOに参加して、BNBを賭けるよう求めました。

ICOマニアは、ビットコインとイーサ-を非常に上手に扱いました。ICO取引で得られる利益が尋常ではないことを耳にした人が増えるにつれ、多くの人々が仮想通貨エコシステムに参加するようになりました。このため、彼らが自然と購入した最初の資産は、ビットコインかイーサ-だったのです。しかし、それらの多くは、シットコインに姿を変えたものの、行き詰まってしまいました。

仮想通貨が冬の時代を迎えた今、問題は、どんな新しいことをやれば、投機家が仮想通貨資本市場に戻ってくるかということです。Bitfinexの話に入りましょう!

テザー(Tether)、すなわちBitfinexの英雄たちは、支払処理会社であるCrypto CapitalBitfinexにマネーへのアクセス権を与えることができなくなったとき、新たな段階に入りました。 Bitfinexはテザーから「融資」を受け、ひとたびこのことがNYAGを通じて公開されると、Bitfinexは申し開きをしなければなりませんでした。

疑わしいときにはIEOを!! Bitfinexは、新たなシットコインの IEOでカモフラージュして、過去最高額のエクスチェンジ・トークンを発行しました。彼らはCrypto Capitalの穴を埋めるために、独自に10億ドルを調達し、米ドルのキャッシュに11の関係で裏付けられたテザーを維持しようと計画したのです。

コミュニティは彼らの味方に付きました。Bitfinex LEOエクスチェンジ・トークンは、 2週間以内に、個人から10億ドルを調達しました。これは、本当に驚くべきことです。

LEOのホワイトペーパーと米国内でIPOを行うためのフォームS1をお読みください。取引をしようとするコミュニティがいくら増えても、LEOのホワイトペーパーは、フォームS1の書類に比べ、ものすごく薄っぺらいのです。
 
資本構造?

IEOは企業の資本構造のどこに位置しているのでしょうか? これは素晴らしい質問です。 BNBLEOのようなエクスチェンジ・トークンの場合、あなたには何の権利もないようです。それはキャッシュフローがないことを意味するわけではありませんが、取引所はゲームのルールを、自らの都合に合わせて変更することができます。そうした事態を阻止するものは、料金を支払うことで、その取引所を支援し続けようとするコミュニティの意思以外にないのです。
 
コミュニティに焦点を当て、正しいことをする取引所は、一般的に言って、そうしない取引所よりもうまくいくでしょう。Binanceは、仮想通貨トレーダーが望むものを提供することによって、トップの座を勝ち得た組織の好事例です。トレーダーたちは、シットコインを望み、カリスマ的なCEOを望み、大もうけを望んでいたのです!!
 
シットコインゲームにおいて、Binanceはすべてを上場し、熱心なファンとなるコミュニティを形成しました。 Poloniexのような取引所は、トレーダーのマインドシェアを維持することができず、新興企業にやられてしまいました。
 
あなたはIEOエクスチェンジ・トークンの保有者として、何か法的権利を持っていますか? そうかもしれませんが、よく分かりません。ある取引所があまりにも長期間、コミュニティを悪用すれば、ほかの誰かに取って代わられるでしょう。誰にでも取引所を開設することはできるのです。そして、10万ドルで、標準以下のマッチングエンジンを喜んで提供するホワイトレーベル技術のプロバイダーはいくらでもいます。大もうけを目論む人々が、トッププレーヤーたちが手にした手数料を見て、仲間に加わりたいと思います。だから、仮想通貨は従来の株取引と異なるのです。伝統的な証券取引所を作りたいのであれば、どうぞがんばってください。あなたに数億ドルの資金があり、見果てぬ夢を追い求めることができますように。

ブルマーケット・ベビー
 
Bitfinex2週間以内に史上最大のIEOを実施することができるなら、コミュニティは非常に喜ぶでしょう。トレーダーは、損失を埋め合わせるために、この2年を費やしてきました。彼らは、光沢のある新たな安物の宝石に今にも飛びかかろうとしています。手綱を引き締めて備えよ!

コンベクシティもう少しでやっつけられた

BitMEX20141124日にローンチされて以来、仮想通貨デリバティブ取引は急増しました。私は、未来はデリバティブ取引に掛かっているという見方から、さまざまなベンチャーキャピタル会社を誘いましたが、徒労に終わりました。当時、サポートは、すぐには得られませんでした。 しかし、2019年の現在も私は生き延びています。あのとき失敗して本当によかったと思います。
 
OKExDeribitで取引されているBitMEX XBTUSD永久スワップとその他の様々な契約は同種のものです。これらの契約はすべて、USDで固定された額のBitcoinを取引することを可能にします。これらをインバース・デリバティブ・コントラクトと呼びます。多くのベテラントレーダーは、私がこの契約構造の微妙な、しかし深遠な意味について長々と話すのを聞いたことがあるでしょう。しかし、現在多くの新入トレーダーが、デリバティブ取引に挑戦しているため、再教育コースが必要です。
 
これは一般的な見方に反しますが、私は、BitMEX Rekttwitterフィードが熱狂することを好ましいことだとは思っていません。私は、長期的な儲けを狙っているのです。清算中に資本を台無しにしてしまうより、BitMEXに取引手数料を支払いながら、長期間、利益を得て、トレーディングキャリアを楽しんで欲しいのです。このため、トレーダーが成功事例について知ることは、私にとっても、BitMEXにとっても、最大の関心事です。
 
私は、当社のトレーダーが大好きですが、清算について笑うのを聞くと苛立ちます。本物のトレーダーは適切なリスク管理を実践しているため、清算されることはありません。
 
上がるためには下がらなければならない
 
コンベクシティやガンマは、価格に関する契約の価値の2次的なデリバティブです。コンベクシティを正しく使用するなら、ポートフォリオの収益を大幅に拡大することができます。しかし、コンベクシティが、自分が取引しているデリバティブにどのような影響を与えるのかを理解していない場合は、繰り返しボロボロにされてしまいます。
 
インバース・コントラクトにおいて、証拠金通貨は、ホームカレンシーと同じです。この記事では、XBTUSD契約を使いましょう。
 
ホームカレンシー: XBT (ビットコイン)
外国通貨: USD
証拠金通貨: XBT
USD 価格: 1 USD
XBT 価格: 1 USD / 価格 (XBT/USD の交換レートまたは .BXBT 指数)
 
10万コントラクトのロングポジションのXBTエクスポージャーが、価格に関してどのように変化するかを見てみましょう(.BXBTインデックス)。




まず、ロングサイドを見てみましょう。強気相場と弱気相場では、このようなポジションを組むのはおそらく投機家たちでしょう。ビットコインをロングにすることで非対称のリターンが発生するため、これは理にかなったことです。ビットコインは無限に上昇する可能性がありますが、下限はゼロです。自己資本利益率の観点から、底値でロングにし、高値でショートにする方が良いのです。ETH100ドル未満で拾った人は、このことをよく知っています。したがって、レバレッジと相まって、ほとんどの市場環境において、ロングポジションを組むのは主に投機家でしょう。

最初のチャートは、XBTの損益の特徴と曲率を示しています。直線は、契約が直線的に動いた場合の損益率を表し、曲線は、インバース・コントラクトのロングポジションの損益率を表します。すぐにお気づきでしょうが、市場が下落すれば、より多くのお金を失い、市場が上昇すれば、儲けは少なくなります。XBTに証拠金を委託しなければならないので、これは次善の策です。このように、委託証拠金は非線形的に増加します。このため、ロングは、下落市場において、急速に損失を被ることになるのです。 
 


次に、ショートサイドを見てみましょう。強気および弱気市場では、おそらくヘッジャーやマーケットメーカーがショートポジションを選択するでしょう。いずれの場合でも、これらの市場参加者は、ビットコインの値を米ドル建てで固定したいと考えています。インバース・コントラクトでは、XBTUSDのショートポジションと、フィジカル・ビットコインのロングポジションを組み合わせることで、USDの合成ポジションが生成されます。フィジカル・ビットコインのすべてが、BitMEXとのクロスマージンに設定されている場合、清算することはできません。
 
ロングサイドとは異なり、ショートは、プラスのXBTコンベクシティによって利益が得られます。ショートでは、価格が下がるほど、XBTが増加し、価格が上がるほど、損失は少なくなります。
 
これら2つの例から言えることは、ロングの投機家は、下落時により早く清算されるということです。このことは、現在、これらのデリバティブが支配的な市場で、なぜ資金投下より、資金の引き上げが極端に多いのか、またなぜインバーススタイルのデリバティブが、仮想通貨デリバティブの市場を支配する限り、そういうことが続くのかということを説明しています。
 
CME契約は、価格に関係なくXBTエクスポージャーが固定されており、USDエクスポージャーは、価格に対して直線的に変動します。これは、USDを指標とする投資家にとっては素晴らしいことですが、エクスポージャーをヘッジする人々にとっては問題となります。CMEのショートポジションをヘッジするために購入したビットコインは、CMEの担保として使用することはできません。これは、フィジカル・ビットコインを保有しているヘッジャーにとっては問題です。また、これは、クロス・コラテラルが解除されないなかで、貴重な資本を、デリバティブとスポットマーケットとの間で分割しなければならないマーケットメーカーにとっても課題となります。

リスク免責事項

この記事の全部または一部を複製または再生することはできません。この記事に含まれている情報は、研究や推奨ではありません。

BitMEXもその関連会社も、この文章の正確性または完全性、あるいはこの記事に含まれている情報およびその責任(直接的、間接的または間接的な結果として生じる損失または損害を含む)に関して一切の表明または保証も行いません。これは、金融上の、または経済的、法的、会計的、あるいは税務上の助言または推奨を提供するものではありません。 さらに、この記事を受領することは、投資に関する助言を受けることを意味するものではなく、BitMEXのクライアントになることを意味するものでもありません

 

 

BitMEX Altcoin / Bitcoin インデックスの更新, 2019年5月

原文: BitMEX Altcoin / Bitcoin Indices Update, May 2019

2019年5月22日 UTC 04:00(日本時間 同日13:00)より、KrakenはBitMEXのいくつかのAltcoinとBitcoinインデックスに再導入されます。

今回の更新は、我々のKrakenマーケットデータフィードハンドラが、KrakenのREST APIから新しいWebsocket APIに変更された結果となります。

以下のインデックスおよびそれぞれの契約は、上記の変更による影響を受けます。

インデックス

構成

契約

.BBCHXBT

(⅓ * Binance + ⅓ * Poloniex + ⅓ * Kraken)

BCHM19

.BEOSXBT

(⅓ * Binance + ⅓ * Poloniex + ⅓ * Kraken)

EOSM19

.BETH

(⅓ * Bitstamp + ⅓ * Coinbase Pro + ⅓ * Kraken)

ETHUSD

.BETHXBT

(⅓ * Binance + ⅓ * Poloniex + ⅓ * Kraken)

ETHM19

.BLTCXBT

(⅓ * Binance + ⅓ * Poloniex + ⅓ * Kraken)

LTCM19

.BXBT

(⅓ * Bitstamp + ⅓ * Coinbase Pro + ⅓ * Kraken)

XBTUSD, XBTM19, XBTU19, XBT7D_U105, XBT7D_D95

.BXRPXBT

(⅓ * Binance + ⅓ * Poloniex + ⅓ * Kraken)

XRPM19

BCH および LTC の先物契約における最小価格単位の変更について

原文: Reduction of BCH and LTC Minimum Price Increments, May 2019

ビットコインキャッシュ(BCH)ならびにライトコイン(LTC)の先物契約における最小価格単位が、2019年5月31日 13時15分(日本時間)より以下のように減少します:

シリーズ 契約 現行の最小価格単位(XBT)
新しい最小価格単位(XBT)
BCH
(Bitcoin Cash)
BCHM19 0.0001
0.00001 (10x reduction)
LTC
(Litecoin)
LTCM19 0.00001
0.000005 (2x reduction)

後続の再リスティングの際には、減少後の最小価格単位が適用されます。

レート制限に関する今後の変更について

原文:Upcoming Change in Rate Limits

BitMEX APIを簡素化するための取り組みの一環として、REST レートリミッターを5分間隔から1分間隔に変更致します。

リミッターが補充する速度である1リクエスト/秒のレートは変更しません。現在のレート制限は5分から1分に比例配分されることにご注意ください。たとえば、300リクエスト/ 5分のレート制限は、60リクエスト/ 1分のレート制限に変換されます。

この変更はX-Ratelimit-Remainingヘッダを尊重するアプリケーションを壊すものではありません。変更前の300リクエスト/ 5分のレート制限がアプリケーションにハードコードされている場合は、それを更新する必要がございます。

新しいレート制限は、デモ用にTestnetで公開されており、2019年5月22日 18:45 UTC(日本時間 翌日 03:45)に本番環境にデプロイされます。約15分間のデプロイ中、ユーザ様はX-Ratelimit-Remainingヘッダーに矛盾する値を受け取る可能性があります。それ以外の場合はユーザ様に影響はございません。

ロゴのアップデートについて

原文:Logo Update – BitMEX Blog

BitMEXのビジュアルアイデンティティに関するアップデートをご紹介します。本日より、すべてのBitMEXプロパティに新しいマークが適用されます。ロゴの歴史の背景やアップデートの構成については、以下をご覧ください。

歴史

BitMEXのロゴは最初の取引プラットフォームがローンチする前の2014年初めに作成され、 「プット・コール・パリティ」 を表現しています。プット・コール・パリティは、先物契約(もっと簡単に言えば先渡契約)が、ロング・コール・オプションとショート・プット・オプションからなるポートフォリオによって複製できることを定義しています。

オリジナルのロゴ・デザインは、プット・コール・パリティの公式を文字通りに解釈したものであり、無数の現実世界のシナリオに適用すると、効果的ではあるが扱いにくいことが分かりました。時間の経過とともに、私たちはアイコンとロゴの具象性を制限し、より柔軟なものへと変化させました。それによってソーシャルメディア、契約書、そして現代的なトレーディングプラットフォームの運営に伴う全ての事柄において、ロゴを使いやすくするためです。

アップデート

私たちはBitMEX取引体験を改善し続けていますが、プラットフォームの見た目の改善も行い、クリーンで読みやすくプロフェッショナルなプラットフォーム上で、合理的で決定的な取引を行うために必要なすべての情報を提供します。

過去数年間に寄せられたすべてのサポートとフィードバックに感謝します。今後も皆様のBitMEXへの改善提案やご意見をTwitterサポートページを通じてお知らせください。

カスタマーサポートサービスの更新

カスタマーサポートへの要望により良く応えるため、https://bitmex.com/app/support/contact にお問い合わせを管理するための新しいサポートページを作成致しました。多言語フォームなどのアップデートにより、今後本ページをさらに改良していきます。

現在利用可能な support@bitmex.com は、今後お知らせするまでご利用が可能ですが、サポートチームに連絡するためには、新しいフォームをご利用頂くことをお勧め致します。

BitMEXコミュニティにご参加いただき、ありがとうございます。

Trading Technologies International とのBitMEXパートナーシップの発表

BitMEXのオーナーであるHDR Global Tradingは、高性能プロフェッショナル取引ソフトウェアの世界的プロバイダーであるTrading Technologies International, Inc.(以下、 TT)と提携しました。このパートナーシップにより、BitMEXで取引する資格のあるトレーダーは、XBTUSD 無期限契約を含むすべてのBitMEX製品で、TTを介して市場をリードする取引ツールにアクセスすることができます。

BitMEXのCEOであるArthur Hayesは、次のように述べています。「Trading Technologiesと同様に、BitMEXは洗練されたトレーダーに革新的な金融商品とシームレスな体験を提供することをお約束します。当社の強固なテクノロジを組み合わせることで、このパートナーシップは、Trading Technologiesの識別力のあるクライアントにBitMEX独自のサービスを拡張するだけでなく、最先端の暗号通貨製品へのアクセスを提供するという両社の相互ビジョンを推進します。」

Trading TechnologiesのCEOであるRick Laneは、次のように述べています。「BitMEXとのこのコラボレーションは、私達の受賞歴のあるトレーディングソフトウェアをはるかに広い暗号通貨市場に提供することができます。この提携により、暗号通貨にアクセスしたい既存のクライアントだけでなく、プロの取引ソフトウェアを利用したいと考える新規ユーザーを通じて、BitMEXの取引量が増加すると予想されます。」

TTのプラットフォームは、5大陸にまたがるTTの管理インフラストラクチャを通じて、プロのトレーダーに直接のグローバル市場アクセスと取引執行を提供します。プロのトレーダー、ブローカー、マーケットアクセスプロバイダーのために特別に設計されたTTは、手動のポイント・アンド・クリックの取引から自動注文入力にわたるまでの取引スタイルに対応するためのカスタマイズ可能なツールを幅広く取り入れています。

Trading Technologiesについて

Trading Technologies(www.tradingtechnologies.com@Trading_Tech)は、自己勘定トレーダー、ブローカー、投資管理者、商品投資顧問業者、ヘッジファンド、コマーシャルヘッジャー、リスクマネージャーなど、幅広いユーザー向けのプロフェッショナルなトレーディングソフトウェア、インフラストラクチャ、データソリューションを作成しています。世界の主要な国際的な取引所や流動性の高い所へのアクセスを提供することに加えて、TTは暗号通貨取引のための領域特化した技術とリアルタイムの取引監視のための機械学習ツールを提供しています。